あと3キロ痩せる方法

サボりつつリバウンドしないダイエット法│あと3キロ!を減らせます

せっかくがんばってダイエットしたのに、元の体重に戻るどころか大幅に増量とか悲しすぎますよね?

またリバウンドしちゃった人
またリバウンドしちゃった人
今年の冬もリバウンドしちゃったな、、今年の夏こそは「また防御力上がったの?」とか言われたくない!

こんな悩みを解決します。

記事の内容

・リバウンドの2大原因を攻略します

・ダイエットに成功しても満たされないですよ

・最終目標=モテるようになる方法

筆者も30歳のときに間違ったダイエットでリバウンドして絶望してましたが、きちんと勉強した結果、40歳から始めたダイエットでは6年間リバウンド無し!

体形変化

メカニズムさえわかれば、リバウンドは簡単に予防できます。

記事を読んで、リバウンド知らずのダイエット名人になってみませんか?

毎年体脂肪を減らしていくことができると、3年後に人生が好転しますよ。

サボりつつリバウンドしないダイエット法│あと3キロ!を減らせます

リバウンドしないダイエット法

結論ですが、ダイエットでリバウンドする原因は食事制限です。

ダイエットを繰り返すほどに体重が増えていく体験をしたことがあるなら要注意です。

このままだとダイエットするたびにリバウンドに苦しむ事になりますよ。

リバウンドの2大原因を攻略します

 

リバウンドを繰り返してしまう仕組みは2つあります。

①短期間のダイエット

②長期間のダイエット

一見矛盾するようですが事実です。

なので、リバウンドがイヤなら中期間でダイエットすべきなんですね。

中期間というのは、おおむね3か月です。

順番に解説します。

①短期間のダイエット

 

矛盾するみたいですが「ダイエットしたければ食べなきゃダメ」ということを理解するとリバウンドしなくなります。

「○○だけダイエット」は、ほぼリバウンドしますよね。

その仕組みは以下の通り。

リバウンドのメカニズム

①ダイエットで短期に初期時制限をする

②恒常性で基礎代謝が低下

③筋肉も減る(身体が省エネモードになる)

④食べれないから空腹感が続くとやる気が出なくなる

⑤継続できなくなってキレ喰い

⑥ダイエットをやめて食事を戻す

⑦身体は省エネモードなので、カロリーの差額分ダイエット前より太る

 

またリバウンドしちゃった人
またリバウンドしちゃった人
それはわかっているつもりなんですけどね、、

ところが、ダイエットを決意した以上は短期で結果を出したくなるものです。

・健康診断までに体重を落としたい

・夏までに腹筋割りたい

・同窓会までに痩せたい

理由はさまざまですが、ここでやりがちなのは食事制限と有酸素運動だけのダイエット。

極端な例で言うと、こんにゃくしか食べないダイエットとかですね。

筆者の例を出しますと、30歳時の失敗ダイエットがまさにこれで、極端な食事制限の結果、こんな感じに失敗しました。

失敗ダイエットの体重推移
身長172
体重血圧上血圧下
28歳6310868
29歳64.812676
30歳66.712563
31歳6113182
32歳63.811562
33歳65.112570
34歳66.512565
35歳66.712879

 

30歳になって体重が増え始めて31歳の時にダイエットをがんばった結果

・66.7kg→61kgのダイエットに成功

・ガリガリ体型ですけど一応腹筋も割れて満足

 

その後、同じ食事を維持しているのにもかかわらず徐々に体重が増加

・35歳で体重がすっかり元に戻る

・これ以上食事も減らせないしどうすんの?

・しかも血圧が上がってきて健康状態も悪化

こんな状況になりました。

ダイエットを頑張ったのに結果は悲惨ですよね。

無知なダイエットは危険だし意味がありませんよ。

 

②長期間のダイエット

 

長期間のダイエットもリバウンドします。

結論として、正しくダイエットしたければ食べなきゃダメなんですね。

なぜなら、人間には恒常性(ホメオスタシス)という機能があるからです。

恒常性(ホメオスタシス)とは?

簡単にいうと身体が環境に慣れるということです。

ダイエットを続けるとダイエットカロリーに体が適応してしまいます。

たとえばダイエットで食事制限をします。

メンテナンスカロリーが2,000kcalところを1,600kcalにおさえてマイナス400kcalで生活したとします

1日400kcal×30日で1ヶ月12,000kcal減らせるので、1.5kgぐらい痩せます。

2ヶ月で3kg痩せられますが、3ヶ月目になると体重が減らなくなってきます。

それは身体が1,600kcalで生活するのに適応してしまうからです

これが恒常性(ホメオスタシス)というもので、リバウンドの原因です。

リバウンドしないダイエット方法【上手にサボる】

ダイエットでリバウンドしてしまう仕組み

リバウンドしないダイエットの方法は2つあります。

①食事制限だけのダイエットをしない(筋トレ・運動も併用)

②長期に食事制限しない(チートをうまく取り入れて食べる)

過酷な食べないダイエットは百害あって一利なし。

たまにチートを入れつつ楽しみながらユルフワにダイエットするとうまくいきますよ。

大事なのは継続することですからね。

ダイエットに最適な食事を参考にしつつ上手に付き合っていましょう。

糖質制限ダイエットの始め方
糖質制限ダイエットの始め方│プロが教えるPFCバランスと食事方法本記事では糖質制限ダイエットの正しい始め方を初心者にも分かりやすく、やさしく解説します。 こんな疑問を解決します。 ...

糖質制限ダイエットの始め方│PFCバランスと食事法もやさしく解説

①食事制限だけでダイエットしない

①基礎代謝を維持するために、減らしたいカロリーは運動で減らします。

②同時に筋トレによって筋肉を維持して基礎代謝を維持します。

 

詳しい手順はジム通いダイエットに失敗しない人の特徴6選【糖質制限ではない】の記事で詳しく解説したので、参考にしてみてください。

食事のコツは自分でメニューを考えないことですね。

 

またリバウンドしちゃった人
またリバウンドしちゃった人
空腹で買い出しに行くと、ついつい余分なものも買ってしまいます。

 

現在は有益な食事宅配サービスがあり、計算された食事が簡単に手に入ります。

上手に活用すれば食事のストレスからは解放されますよ。

 

気になる方は、ボディメイク系宅配弁当サービス5社を比較した│おすすめは全部ですの記事にボディメイク系のサービスをまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

ボディメイク系 宅配弁当サービス 5社を比較
ボディメイク系宅配弁当サービス5社を比較した│おすすめは全部です「ダイエット・ボディメイク系の宅配弁当サービスって、どれがベストなの?」 こんな疑問を解決します。 約1年間かけて5社のサー...

 

②長期間にわたって食事制限しない

 

基本的にはダイエットは2ヶ月から長くても3ヶ月でいったん区切るようにしましょう。

それでも3ヶ月以上続ける必要がある場合はチートを利用します。

 

チートってなに?

リバウンドの原因は恒常性(ホメオスタシス)でしたね。

人間の身体は利口なので食事制限を行うと身体が少ないカロリーに適合しようとします。

でも人間の身体はだまされやすかったりもするんですね。

そこを利用するのがチートです。

チートというのは「ズルをする」という意味で、ダイエットの最中に言葉通りズルをするんです。

具体的には、低カロリーに慣れた身体をだますために、たまに大食いしてあげるという技術です

チート=ダイエット中なのに食べられる!という幸せの時間でもありますよ。

チートの手順とタイミング

 

チートの手順

方法としては、何でも食べていいというのはおすすめしません。

食べるものは炭水化物をメインで食べましょう。

ピザとかお菓子とか食べたいのは分かりますが、油ものはなるべく控えたほうがいいですね

理由は、チートの目的は「低くなった代謝を元に戻す」ということだからです。

「1,600kcalで暮らしていけるわ~」ってなってきた身体に、がつっと高カロリーの食事を与えて「いやいや全然大丈夫じゃないみたい」と勘違いさせ、代謝を下げさせないのが目的です。

なので、代謝を上げさせる食事=炭水化物をがつっと与えてあげるのが効果的です

チート的におすすめな食べ物は、和菓子とか普段食べれない菓子パンとかですね。

 

チートのタイミングは?

チートを入れるタイミングは正確には起床時体温が落ちてきたときなんですが、正直めんどいですよね?

なので、ざっくり2つに決めてしまってもOKです。

・2週間に1日

・1週間に1食

2週間ぐらい我慢できるから1日中食べたいって言う人は2週間に1日、1週間ぐらいしか耐えられないっていう人は1週間に1食で行いましょう。

チート後に体重が減りはじめたら成功です。

体重が減らないなら、節制が足りないのに食べちゃっただけなので失敗です。

いわゆる「やらかした状態」というやつです。

 

またリバウンドしちゃった人
またリバウンドしちゃった人
わたしは何度も繰り返しやらかしてしまいそう、、

 

そんな方は、91%の人が知らない!ダイエットに失敗しない痩せる食べ物の秘密?の記事を参考に、普段の食事を見直してみてくださいね。

ダイエットに成功しても満たされないですよ

ダイエットの目的って最初は「痩せたい」ですが、本当に痩せると「見られたい」「褒められたい」に変わります。

つまり、最終的には異性にモテたいんですよね。

ところが、現実は誰にも見られないし、褒められもしないです。

ダイエットに成功すると鏡の前でため息をつく毎日からは解放されます。

でも今度は鏡の前以外でため息をつくことになりますよ。

で、結局は自己満足の世界になってしまいます。

自己満足で節制できるほど、人間は強くないじゃないですか?

なので、結局爆食い⇒またリバウンドを繰り返すことになってしまいます。

実際にボクも腹筋をバキバキにしましたが、誰にも見られないし、褒めらないのでつらいだけでした。

【悲報】40代で腹筋がバキバキに割れてる男は仕事ができないと思う
悲報!40代で腹筋をバキバキにした結果│仕事ができないダメ社員に40代の中年が腹筋をバキバキにしたらどうなるのか知りたいですか?世間では腹筋をバキバキに割るメリットばかり語られます。ですが、実際にやってみるとデメリットのほうが大きいですよ。この記事では実際に腹筋をバキバキにしたわたしの体験談を紹介します。...

悲報!40代で腹筋をバキバキにした結果│仕事ができない+モテない

最終目標=モテるようになる方法

リバウンドしないダイエットまとめ

リバウンドもしたくないないし、ダイエットも成功させたい、さらに他人にも認められたい(=モテたい)のであれば結論は一つですね。

ダイエットは3か月単位で行いつつ、ジム通いを継続すること

理由は経験上、ジム通いで何かが変わり始めるタイミングは、ジム通いを3年継続したあたりで劇的に訪れるからです。

実際に、筋肉量が増えて体脂肪率が劇的に減ることで、モテ体型になったのはジム通い3年目からが顕著でした。

さらに、周りに女性の友人が増えてきたり、誕生日をお祝いしあったりして異性とのかかわりが劇的に増え始めたのも3年目からでしたね。

ジムに通う前
ジムに通う前の自分
ジム3年目

 

グラフにするとこんな推移。

体形変化

なので、ダイエットでリバウンドせずに、継続的に体脂肪を減らしていくことで満足感を得たいなら、大事なことは継続することです。

継続のコツは突き詰めると以下の2つでして、ボクは愚直に実行して8年間のジム通いを継続しています。

・小さく始める

・考える時間を作らない

ジム通いが続く人の特徴5選【怠けものでも8年継続できた習慣化法】「今日はジム行こうかな?」こう考えている時点であなたの脳みそは「いかない理由」を無意識に探し始めます。ジムから足が遠のいて、最後には「お金がもったいないから」退会…本記事では、そんなあなたのために、怠け者の筆者でもジム通いを10年継続できた5つの習慣化法をまとめました!...

ジム通いが続く人の特徴5選【怠けものでも8年継続できた習慣化法】

 

リバウンド知らずのダイエットを知識を身に付けつつ、ジム通いを継続すると人生が好転しはじめます。

今までに人生になかったようないいことが、きっと起きるので是非お試しください。

今回は以上です。