コストダウン

具体例アリ│現役資材購買部長がおすすめするコストダウン手法10選

資材調達・購買部門はいつでも「コストダウンお願いします!」と言っているイメージがありませんか?

それだけでコストダウンができるなら購買部門は楽な仕事ですが、実際はそうはいきません。

資材調達・購買部門では、状況に合わせて様々なコストダウン手法を使っています。

 

新人君
新人君

・コストダウンのノルマがあるけど、なかなか成果が出ない、、

・やっぱり「ただ下げてくれ」では成果が出ないよ、、

・コストダウンのやり方なんて教えてもらっていないし。

・何かいい方法はないでしょうか?

今回はこんな悩みを解決します。

この記事では、資材購買部歴25年で現役の資材購買部長でもある筆者が「実務でよく使うコストダウン手法10選」をまとめました。

 

かもかもまん
かもかもまん
レベルに合わせて、順番に解説しますから新人でも成果が出せますよ。

 

ベテランの方も、知らなかった手法を試してみるのもいいでしょう。

あなたのコストダウンノルマ達成に役立ててください。

具体例アリ│現役資材購買部長がおすすめするコストダウン手法10選

購買・資材部長のコストダウン手法まとめ10選│新人も成果が出ます

よく使うコストダウン手法を10選にまとめました。

コストダウン手法10選

①単純値引き

②見積り合わせ

③政策見積もり

④VE/VA

⑤コスト査定

⑥まとめ発注

⑦数量ランク採用

⑧少ロット化

⑨材料支給

⓾共用化

では、どんな時にどの手法を使うと効果的なのでしょうか?

順番に解説します。

①単純値引き

勘と経験と度胸のKKDでとりあえず「値段を下げてほしい」とお願いする方法ですね。

言わなければ価格は下がらないということもあるので、立派なコストダウン手法です。
プライベートでも買い物をするときによく使いますよね。

単純値引きはあまり効果が期待できないですが、次の場合には有効です。

・少額であまり工数をかけても仕方がない時

・コストダウンに無関心ではないことのアピール効果

 

方法としては2つあります。

・泣き落とし

・根拠のない強気

 

新人君
新人君

「端数調整だけでもなんとかなりませんか?」

「予算が厳しくて」

「上長の決済が10万円からなのでなんとかその範囲で」

なんていうのをよく使います。

 

最初はそれでもいいですが、根拠がない交渉は成果も小さいですよ。

根拠もなしに「とりあえず下げてもらわないとダメだ」みたいな交渉もNGです。

 

かもかもまん
かもかもまん
ただ強気なだけの交渉は取引相手にとっても意味不明ですし嫌がられます。

 

いつもそればかりだと、相手も折り込み済みの高めの見積もりを提出してきますから、単なる儀式のようになってしまいますよね。

 

コストダウンを申し入れるときの値引き根拠の示し方は、資材調達部長のコストダウンの申し入れ方法│値引き根拠の示し方の記事を参考にレベルアップしてみてください。

 

②見積り合わせ

見積もり合わせは、既存品を違う取引先で新たに見積もりする方法です。

定期的に新たな見積もりを入手して比較しますので、業界の最新情報が手に入るメリットがあります。

例えば、パソコンや家電製品が分かりやすいですよね。

 

新人君
新人君
同じ価格で最新機種が出ていたり、同じ機能でさらに安い新商品が発表されているとか、普通にあります。

 

見積もりの精査には経験と知識が必要です。

単純値引きより少しレベルが高いですが、見積もり合わせによる精査を繰り返していくことで、購買部員としてのレベルアップが見込めますよ。

資材調達の価格交渉で覚えておきたい見積もりのテクニック【実践編】
【保存版】資材調達購買のプロが教える見積り書の見方と実践テクニック資材購買調達の仕事の中でも特に重要で花形ともいえるのが「価格交渉」でしょう。 資材購買調達部員が実行したコストダウンは、そのまま会...

【保存版】資材調達購買のプロが教える見積り書の見方と実践テクニック

 

注意点としては、安い価格が出たらきっちりその取引先に注文を出すことです。

 

新人君
新人君
調査狙いということがわかったら、本気の見積もりをだしませんもんね。

 

競争状態を常に演出することも購買のスキルです。

安い見積もりを出した取引先に注文を出すには、関係部門の同意をとっておくことも必要です。

 

例えば、

・実際に使う現場

・仕様書を作る技術部門

・客先認定がある場合は顧客の了解も必要です。

 

新人君
新人君
根回しの技術も鍛えらそうです。

 

③政策見積もり

 

政策見積もりというのは、将来の注文量の増加を示唆して値引きしてもらう方法です。

 

新人君
新人君
難易度が上がった気がしますね。どのように申し入れればいいでしょうか?

 

かもかもまん
かもかもまん

「将来的に増産計画があり、量が増えますから値引きしてください」とか、

「類似品で新規受注が決まっているから、スケールメリットで値引きできませんか?」

という言い方になります。

量が増えるということは取引先にとってメリットがありますから、すこし還元してくださいね!という交渉ですね。

逆に、数が増えているのに何も交渉しないことは資材購買部員の怠慢です。

 

どんなときにコストダウンの申し入れをするべきなのか?については≫購買原価低減活動のポイント3選│資材調達歴25年の部長が教える!の記事を参考にしてみてください。

 

新人君
新人君
発注量が増えると値段が下がるんですか?

 

商社さんなら量が増えれば単純に売り上げが上がるので、固定費が下がります。

メーカーなら量が増えれば、材料費や加工費の製造コストが下がります。

 

新人君
新人君
どれぐらいを目安に交渉するんでしょうか?

 

かもかもまん
かもかもまん
交渉の幅は品ものによります。

 

例えば梱包資材のような既製品の場合、すでに大量生産しているので、大幅値引きは難しいでしょう。

具体的には輸送費分の値引き程度の数%が落としどころになるでしょうね。

 

一方、自社の図面で注文しているカスタム品なら大きな値引きも見込めます。

 

かもかもまん
かもかもまん
もし発注量が2倍になるなら、わたしなら20~30%を狙って交渉します。

④VE/VA

機能を分析して、同じ機能を持った安い原材料に変更したり、購入仕様を見直すことで価格を下げる手法です。

VE/VAは仕様自体を変更できるので、取引先の変更よりも大きな効果を期待できます。

根回しの苦労は多いですが成果も大きいので、積極的に取り組みたい手法です。

 

購入仕様とは?

ある製品をつくる場合に、その製品に要求する特定の形状、構造、能力成分、寸法、精度、性能、製造方法、試験方法などを定めたものをいいます。

この仕様を文書化したものが仕様書になります。

 

新人君
新人君
いきなり英語が出てきました、、何のことですか?

 

VE=Value Engineering(価値工学)

VA=Value Analysis(価値分析)

これの頭文字をとった略ですね。

 

かもかもまん
かもかもまん
「○○を○○する」というように分解表現することが特徴です。

 

詳細はこちらで参照:ウィキベディア⇒VEバリューエンジニアリング

 

新人君
新人君
具体的に教えてほしいです。

 

かもかもまん
かもかもまん
例えば、鉛筆とシャープペンシルの関係で考えてみましょう!

 

鉛筆の機能は紙に「何か(文字など)を書く」ことです。

なので、芯の部分があればガワは木材である必要はありません。

そこで、機能は確保したうえで、より安く買える方法を考えます。

具体的なVEのアイデア

・材料の厚みや幅を変更して安くする

・リサイクル含有率の高い樹脂にして安くする

・梱包資材の段ボールの等級を落として安くする

 

新人君
新人君
そのために「○○を○○する」に置き換えて表現するんですね!

 

機能面に注目した例ではドリルと穴の関係も有名です。

 

かもかもまん
かもかもまん
ドリルは穴をあけるために購入しますから、穴があらかじめ開いた家具を販売したら売れるのではないか?という発想で組み立て式の家具が生まれたんですよ。

 

新人君
新人君
一見、関係ないようでも機能を分析すると思わぬ方向に展開することがあるんですね!

 

VEVAの手法は機能をベースに考えるので、時に常識を変えるようなアイデアが生まれます。

 

注意点として、仕様を変更するので関係部門の同意をとっておくこと。

 

・実際に使う現場

・仕様書を作る技術部門

・客先認定がある場合は顧客の了解も必要です。

 

新人君
新人君
見積もり合わせで取引先を変更するときと同じですね!

⑤コスト査定

コスト査定は、資材購買部員が一から理論価格を算出し、見積もり価格と比較してコスト交渉を行う方法です。

 

かもかもまん
かもかもまん
コスト交渉の究極ともいえる手法です。査定スキルはすぐには身に付きませんが効果は絶大ですよ。

 

例えばこんなメリットがあります。

コスト査定のメリット

・理論価格との差があるポイントに集中して交渉ができる

・交渉の説得力が増す

・自信を持って交渉できる

・理論値まで下げることができれば桁違いの成果が得られる

 

かもかもまん
かもかもまん

「この購入品の価格は〇〇円が妥当だな」

「見積との値差のこのぐらいまでは交渉できそうだな」

 

こんな感じに、理論価格が正確に査定できると自信を持って交渉に臨めます。

先ほどの「単純値引き」と違って取引相手にも説得力が生まれるのが良い点です。

 

新人君
新人君
物の原価は3割程度と言われてますよね?3割も安くできるんですか?

 

かもかもまん
かもかもまん
相手があることなので、交渉で決める必要がありますよね。

 

あくまでも購買側が算出した原価なので、実際原価とは違う場合もあります。

 

例えば、計算上ではこれぐらいの工数(時間と人数)で製造できるはずだけど、実際はもっと時間や人がかかっているとかですね。

 

その場合、お互いに問題点を共有して、一緒になって改善していくという方向にもっていくこともできます。

当社:下がった分の原価を還元してもらえてうれしい

取引先:原価が下がれば競争力がつき、他社にも売れるようになってうれしい

 

このような「お互いがうれしい関係」をWIN-WINといいます。

コストダウンでWIN-WINを作り出すためには、購買の知識や実務のレベルを上げておくことが大事になります。

 

かもかもまん
かもかもまん
いいバイヤーは取引先にとってもメリットがある存在になれますよ。

 

新人でもコスト査定はできます

 

とはいえ、コスト査定は上級者向けですよね?という疑問が生まれると思います。

コストを査定するには以下の3点セットが必要ですし、読む力も必要ですからね。

・損益計算書

・貸借対照表

・製造原価明細書

 

かもかもまん
かもかもまん
でも、コスト査定は身近なところから始めることもできます。

 

取り掛かりとしては類似品との比較が一番おすすめです。

キロ当たり、一個当たり、メートル当たりなど、単位を統一して比較してみると差が見えてきます。

同じような形状の類似品に一つずつポストイットで値札をつける方法も有効です。

かもかもまん
かもかもまん
分からないものがあれば、設計部門や取引先に聞けば教えてもらえますから大丈夫です。

⑥まとめ発注

まとめ発注とは、一回の発注量をまとめることで値下げを引き出す手法です。

新人君
新人君
まとめて発注するだけなら割と初心者向けに思いますけど?

 

かもかもまん
かもかもまん
ところがどっこい!まとめ発注は、在庫のリスクと裏表の関係なので難しいですよ。

 

実際に数量が増える政策見積もりとは違って、単に1回の手配数量を増やして値段をさげるだけですからね。

 

新人君
新人君
実際に数量が増える政策見積もりとは違うんですね、、

 

例えば、こんな価格見積もりの商品Aがあったとしましょう。

ロット 単価
3000個以上 50円
2000個以上 70円
1000個以上 100円

月に必要な使用量が1,000個でも3,000個買うのがまとめ発注です。

3,000個は3か月分なので、3,000×50円÷3=50,000円/月

 

かもかもまん
かもかもまん
1,000個づつ毎月買うと100,000円/月なので安くなった気がしますよね。

 

取引先としては、まとめることでの原価や輸送費のメリットがあり、安くできます。

ですが、購入側には在庫管理費の負担と在庫化のリスクがあります。

なので、まとめ発注は単独で行うのではなく、次に説明する

⑦数量ランク採用

⑧少ロット化

これらと合わせて使います。

 

新人君
新人君
費用と効果のバランスが大事ということですね!

 

まとめ発注は単なるキッカケで、最終の着地目標は数量ランク採用や小ロット化だったりします。

このあたりから、2ステップマーケティングなどの心理学も応用した上級テクニックも利用していきます。

心理学のテクニックを使った交渉ができるようになったら、どこでも通用するバイヤーになれますよ。

参考記事は以下をどうぞ。

 

⑦数量ランク採用

数量ランクの採用と違って、政策見積りでは以下の成果を狙います。

・発注数の多い時に値引きする効果に加え

・発注量が少なくなってしまったときに下限を設ける

 

新人君
新人君
少量の試作価格は確かにすごく高いんですよね。

 

数量が少なくなっても、事前に価格を設定しておけば高値になることを予防できます。

先ほどの商品Aを例にすると1,000個以下の価格も設定してしまいます。

 

かもかもまん
かもかもまん
こうしておけえば100個の手配時にも一式5万円みたいな試作見積もりで購入することが避けられますよね。

 

ロット 単価
3000個以上 50円
2000個以上 70円
1000個以上 100円
500個以上 150円
300個以上 180円
100個以上 200円

 

新人君
新人君
数量ランクを作っておけば安心です。

 

それだけではなく、次の少ロット化の手法と合わせて最終的な効果を狙っていますよ。

⑧少ロット化

少ロット化は、まとめ発注の逆に購入量を少なくするコストダウン方法です。

 

新人君
新人君
どんな効果があるんですか?

 

シンプルに交渉のハードルを下げる効果がありますよ。

・すでに出ている見積もり条件を変える交渉になるので、交渉しやすい

・担当者は単価そのものは触れないが、数量ランクは変えられることがある

 

数量ランク採用により商品Aの価格はこのようになっています。

ロット 単価
3000個以上 50円
2000個以上 70円
1000個以上 100円
500個以上 150円
300個以上 180円
100個以上 200円

月に必要な使用量は500個です。

 

新人君
新人君
500個なら月に75,000円ですね。

 

でも3,000個を買うと、3,000×50円÷3=50,000円/月

 

新人君
新人君
まとめ買いすれば25,000円安くなった気がしますよね。

 

ですが、1か月に支払う金額は150,000円です。

売り上げは3か月分もらえるわけではないので、単月でみると100,000円は自社の持ち出しになってしまいますよ。

 

かもかもまん
かもかもまん
もし、自分の財布ならどうですか?

 

新人君
新人君
帰ってくるかわからない支払いは怖いし、今月の家計がすでにピンチです!

 

企業も同じです。

 

かもかもまん
かもかもまん

このお金の流れを「キャッシュフロー」と言います。

キャッシュフローの悪化は企業の収支を悪くします。

 

なので、資材購買としては500個の単価を下げる必要があります。

この時に、先に作っておいたランク表が役に立ちます。

 

かもかもまん
かもかもまん

単価そのものの交渉のはずが、いつの間にか数量ランクの変更交渉に変わっているでしょう?

こんな錯覚効果も狙っていますよ。

 

500個×150円の75,000円を数量ランクを1つずらして単価100円の50,000円に下げることができれば最高です。

そこまでできなくても、例えば150円を120円にするだけでも月に15,000円のコストダウンができます。

 

新人君
新人君
それなら今月の家計が少し楽になります!

⑨材料支給

 

新人君
新人君
こちらから材料を支給するんですか?

 

かもかもまん
かもかもまん
同じ材料なら支給した方が安くなる可能性がありますね。

 

例えば、取引先が金属材料を700円/kgで買っているところを、自社が650円/kgで買えるなら、支給すれば50円/kgの材料費の削減ができます。

ですが、在庫の管理や支給手配の工数など、余分なコストもかかります。

 

新人君
新人君
トータルで判断しないといけませんね。

 

最大に効果が見込めるのは地金支給です。

例えば銀などの貴金属はスクラップを回収して、スクラップの売却益として受け取ります。

その地金を売却せずに、原料メーカーに支給してリサイクルします。

そうすれば、地金売買で発生するマージン代金の分だけコストダウンができますね。

 

かもかもまん
かもかもまん
銀なら売買に2円/gのスプレッドが発生しますよ。

 

新人君
新人君
200キロのリサイクルで月に40万円のコストダウンですね!

 

それだけではなく、現物も取引先にあるので在庫の管理費もかかりません。

⓾共用化

共用化は、まとめ発注とVE/VAの合わせ技です。

 

新人君
新人君
難易度が高そうですね、、

 

かもかもまん
かもかもまん
現場、技術、営業他、他部署との調整が大変なだけですよ。

 

・現在使用している部材との共用化をする

・今後、量の増えそうな素材の採用を推奨する

・梱包仕様を共用化する

 

資材購買にしか分からない市場情報を他部署にフィードバックするスキルが求められます。

 

新人君
新人君
どんなメリットがありますか?

 

資材購買部門が調達しにくい部材を、調達しやすい部材と共用化しておけば納期調整が楽になります。

 

かもかもまん
かもかもまん
新規品なら今後量の増えそうな部材を採用しておけば将来の価格交渉も有利にできますよ。

 

新人君
新人君
逆にマイナー部材が選ばれると、値上げや生産中止のリスクが高くなりますね。

 

採用されてから価格交渉するのではなく、資材調達部門に有利な部材を選定しておくのは、攻めのコストダウンです。

事前に手を打っておくことができると、将来のあなたの仕事を楽にします。

 

かもかもまん
かもかもまん
コストダウンの手法のスキルが上がれば上がるほど、資材調達の仕事は楽できますよ。

 

まとめ

購買・資材部長のコストダウン手法まとめ

さて、ここまで資材購買部長のわたしが日常よく使うコストダウン手法を10選にまとめて解説してきました。

コストダウン手法10選

①単純値引き

②見積り合わせ

③政策見積もり

④VE/VA

⑤コスト査定

⑥まとめ発注

⑦数量ランク採用

⑧少ロット化

⑨材料支給

⓾共用化

この10個のコストダウン手法を使えば、新人であっても効果を出すことができます。

 

ひとつひとつ慣れながら習得していくと、将来の自分の仕事が楽になりますから、順番に取り組んでみてはいかがでしょう。

 

日常の仕事が楽になれば、さらに付加価値の高い業務に時間を使うことができますよね。

資材購買の仕事は、スキルが高まるほどにどんどん楽になる不思議な仕事です。

 

かもかもまん
かもかもまん
ベテランになるほど定時で帰宅して、副業も好きなジム通いなどもできるようになりますよ。

 

がっつりは働きたくないけど、専門性は高めたい!

資材調達はそんなわがままビジネスマンにおすすめな職種です。