ジム通いのメリットデメリット

検証!40代がジム通い筋トレしたら健康診断の数値が悪化?問題は?

筋トレを始めた人:筋トレをはじめたら健康診断で肝臓とか腎臓とかの数値異常が!筋トレで健康になるはずが、健康診断の数値が悪くなっているのはなぜ?不安です。

こんな不安を解消します。

本記事の内容

・ジム通い5年間の体型変化と健康診断数値の推移を公開します

・よくある疑問│実体験で解説します

・まとめ│運動して不健康になることはありえません

この記事では筋トレで健康診断の数値の変化が不安になった人が読んで安心いただけるように、ボクの健康診断数値をさらしていきます。

7年間ジム通いと筋トレを継続した1年ごとの数値を包み隠さず公開しますので、是非お読みください。

実際の健康診断データをもとに、メカニズムやリスクも体験談×証拠つき×研究データで説明していきますので、読んでいただくことで、あなたの不安がおおよそ解消されるでしょう。

検証!40代がジム通い筋トレしたら健康診断の数値が悪化?問題は?

筋トレと体型変化

ボクの5年間の筋トレ経験で変化した健康診断の結果です。

・メタボ検診に引っかかった

・尿酸値が上がった

・ASTやALTの値が上がった

・クレアチニンの値が上がった

結論から言いますと、運動をして、していなかったときより不健康になることはありえませんから安心してください。

数値が上がってしまうのは、筋トレしていればこその変化ですから、むしろいい変化ですよ。

とはいえ、健康診断で「要注意」のマークとか「H」のマークが赤文字で記されると不安になりますものですよね。

特に40代で数値が変化すると猛烈に不安になります。

基礎データ

今回の記事で使ったぼくの基礎データです。

年齢・性別:46歳男性

身長:172センチ

運動経験:大学卒業後20年以上運動経験なし

職業:デスクワーク

ジムの経歴:5年目(現在は8年目)

トレーニング履歴:ウォーキング→スタジオレッスン→筋トレ

 

運動強度

41歳~42歳 最初の1年間 → 週1回のジムで雑魚レベル

43歳~45歳 中間の3年間 → 週2~3回 主に軽い筋トレと有酸素運動

45歳~46歳 最近の1年間 → 週4~5回 ベンチや懸垂など筋トレ主体

45~46歳時はバルクアップ期なので結構食べてました

という感じです。

ダイエットはしてません

ダイエットなどは一切していない状態です。

体重ばかりを気にしていると「体重が増えたらまずい!」となると思いますが、筋肉は脂肪よりも重いので、筋肉量が増えたら筋トレ前よりも体重が重くなるのは当たり前です。

体重と体脂肪率の変化│20代の体型に戻る

筋トレによる体型変化は、当たり前ですが良化しています。

体脂肪率が下がって体重が増加し、やや肥満の中年太りから20代の体に戻りました。

・やや肥満 → 筋肉質

・体重    70kg→72.3kg

・体脂肪率  21.2%→15.4%

・腹囲    81.5Cm →77.5Cm

 

体重、体脂肪の実績値

身長172
  体重   腹囲  体脂肪率
41歳 70 81.5  21.20%
42歳 67.7 76  20.10%
43歳 68.7 79.5  20.30%
44歳 68.8 78  18.80%
45歳 69.2 76.5  16.40%
46歳 72.3 77.5  15.40%

 

筋トレとジム通いを続けていると、モテ体型の締まった身体になりますよね。

実際の写真はこんな感じ。しょぼいけど引き締まりました!

これで不健康なはずがないでしょうよ。

それなのにBMIが高いからという理由だけで、毎月健康保険センターから調査のメールは来るしアドバイス診断はあるし、そっちのほうがストレス、、、

では、血液検査のデータはどうだったでしょうか?

筋トレと血液のデータ

 

筋トレと血液データも結論から言うと良化です。

ポイントは中性脂肪が減っている=太りにくいカラダになっていることですね。

・中性脂肪が半減

・悪玉コレステロールが減って善玉コレステロールが増加

注※近年ではコレステロールに悪玉も善玉もない事が証明されています

注※46歳時はバルクアップ中でわざと太っているので45歳時を採用してます

注※46歳時のバルク期でも中性脂肪の基準値は30~149ですので基準内でした

 

血液検査の実績値

身長172
血糖値 中性脂肪 HDLコレステロール

(善玉)

LDLコレステロール

(悪玉)

総コレステロール
41歳 86 130 42 123 194
42歳 90 108 46 108 179
43歳 96 144 49 108 183
44歳 83 75 64 82 171
45歳 84 73 69 70 162
46歳 93 116 63 74 163

 

【間違えた常識】コレステロールに悪玉も善玉も無い件

 

近年では厚生省も過ちを認め、コレステロールに善玉も悪玉も無いとされています。

両方が身体に必要なコレステロールです。

ですから、悪玉を減らす食事を気をつけるのではなく、脂っこい食事を控えて適度に運動を行うことで総コレステロールを下げることが生活習慣の改善になります

 

そもそも論として動脈硬化に心配なコレステロールを静脈から採取してどうするの?という根本的な疑問もある検査ですし・・・

 

くれぐれも「悪玉コレステロールを減らすサプリ」みたいな商品にだまされないようにしてくださいね

筋トレと腎機能のデータ

 

筋トレにより腎機能の数値は値としては悪化します。

ですが、これには理由がありますから心配ありません (注意は必要)

・クレアチニンの数値が悪化(基準値1.0を超える)

・尿酸の数値は変化なし

 

腎機能の実績値

身長172
  クレアチニン   尿酸
41歳 0.86 6.3
42歳 0.82 5.6
43歳 0.84 6.1
44歳 0.84 6.9
45歳 1.02 5.6
46歳 1.04 5.9

※基準値は1・0以下です

 

筋トレ中心の運動に変更した45歳時から急に悪化していますね。

う~ん、さすがに基準値を上回ってくると腎臓機能が心配になりますかね?

でも結論は問題ないので安心してください!

筋トレとクレアチニン値の関係について、各種論文や書籍をあたって調査しましたので、順番に説明します。

筋トレによるクレアチニン値の上昇は心配無用な理由

 

まずはクレアチニンと筋トレの関係性から説明します。

そもそもクレアチニンとは何でしょうか?

クレアチニンはクレアチンリン酸の代謝物です

クレアチンリン酸は筋肉が運動するためのエネルギー源となる物質です

クレアチンリン酸が細胞で代謝されたあとにできる老廃物がクレアチニン

クレアチニンは血液を通り、腎臓でろ過されて尿として排出されます

尿として排出されないものは血中に残りますので、血中のクレアチニンの濃度が上昇している=すなわち腎臓の機能が低下していることを意味します

一般的な人であれば血中クレアチニンの濃度上昇は腎機能の障害を疑いますよね。

が、筋トレを日常的に行っている場合はどうでしょうか?

 

筋トレで強度に筋肉が運動させているのですから大量にクレアチンリン酸が消費されています

結果的に、代謝物であるクレアチニンの濃度が上昇

つまり・・・

筋トレにより腎機能の上限を超えて血液中にクレアチニンが存在しているだけ

 

というのが結論です。基本的に心配用ということ。

筋トレとクレアチニン値の上昇で注意すべき点

筋トレによる影響でなぜクレアチニン値が上昇するのかは理解できましたが、まったく無視するのは間違いです。

理由は2点あります

・腎臓がけっこう酷使されてる

・血液のろ過機能がある

酷使しすぎはよくない

筋トレは血液中に処理しきれないほどのクレアチンリン酸を排出します。

腎臓はそのとき常にマックスの状態で働いています。

常にマックスというのは危険な状態ともいえますよね。

なので、適度な休息をとって腎臓を休めることも必要です。

当たり前ですが、筋トレもやりすぎは良くないということですよね。

適度な休息は、筋肉の疲労を取るだけでなく、腎機能の維持という面でも重要です。

腎臓の血液のろ過機能【水分の調節機能】

腎臓にはクレアチンリン酸を分解する働き以外に以下の機能があります。

・血液をろ過して体内のイオンバランスや体液量を調整する

・塩分と水分を調節して血圧を調整する

・血液を作るホルモンを出す

・ビタミンD(骨の材料であるカルシウムを吸収させるビタミン)を作る

なので、有酸素運動で大量に汗をかき続ける人も腎機能の障害に注意が必要です。

良質な水を摂取しないと、腎機能に障害が起こったり結石ができるという論もありますからね

余談ですが、ボクのジムでも、飲み水に異常に強い「こだわり」のある人がいますよ。

理由は、過去に腎機能の障害(具体的には早期がんを発見)を経験しているからだそうです。

彼の言葉を借りれば、飲み水に浄水器は必須 だそうですよ。

次は肝機能の数値を見てみましょう。

筋トレと肝機能のデータ

筋トレにより肝機能の値が悪化していますが心配ありませんでした。

・AST(GOT)ALT(GPT)が基準値(30以下)を超えて悪化

・悪化したのは筋トレ中心に変えた45歳以降

 

肝機能の実績値

身長172
AST(GOT) ALT(GPT) γGDP ALP
41歳 19 26 25 185
42歳 16 15 18 187
43歳 19 21 22 178
44歳 20 17 16 245
45歳 31 36 19 257
46歳 30 43 22 230

※ちなみに僕はお酒は飲めません

お酒は飲まないですが、肝臓は沈黙の臓器とも言いますし、基準値を超えると心配になりますよね?

でも、結論的にはそんな心配も無用でした、

筋トレによるAST(GOT)とALT(GPT)の上昇は心配無用

 

そもそも AST(GOT) ALT(GPT)とは、なにか?をちゃんと調べると、何の不安も無くなると思いますよ。

AST(GOT):肝臓・心臓・骨格筋に存在する酵素

ALT(GPT) :肝臓・骨格筋に存在する酵素

 

つまり、AST(GOT)やALT(GPT)の血中濃度が高い状態というのは、

肝臓に存在するはずの酵素が血液中にあふれちゃってる状態と判断されてしまいます。

なので、健康診断的には肝臓に以上がある状態という事になりますね。

 

しかし 筋トレしている状態はどうなのか?もう一度見てみましょう。

AST(GOT):肝臓・心臓・骨格筋に存在する酵素

ALT(GPT) :肝臓・骨格筋に存在する酵素

骨格筋=つまり筋肉の中にもこの酵素は存在しているんですよね。

筋トレでハードに酷使している場合、筋肉も常に破壊されているわけですから血液中にあふれ出している状態になるといえます。

つまり、結論として、筋トレによる肝機能への影響はないということです。

対処法としては、腎臓のときと同じ。

カラダは酷使されているので、適度な休養は必要ということになりますよね。

肝機能には何も問題がないので安心です。

【間違えた常識】プロテインを飲んでも肝臓は悪くならない

ジムでも経験の長いトレーニーがよく言う言葉ですが

「プロテインを飲んでると肝臓が悪くなるぞ!」

実はこのことにも、まったく根拠がないですね。

おそらく、筋トレ後にプロテインを常飲していた人が、ボクのように健康診断で肝機能の値が悪くなって心配になった。

というのが真相でしょう。

実際は筋トレで筋肉が破壊されて数値が上昇しただけです。

そもそも、ホエイプロテインはしょせんはヨーグルトの上澄みなので、単なるたんぱく質にすぎませんから当たり前です。

たんぱく質の過剰摂取により肝機能に障害をきたしたエビデンスは今のところ存在しません。

たんぱく質は積極的に摂取したほうが健康に良いというのが現在のエビデンスつきの常識となっています。

論文を読む事が難しければ、書籍でエビデンスつきで解説があります。

↓ボクも勉強した本です。これがあれば他の本は要らない。

結論ですが、筋トレによる肝機能へ影響は心配ありません。

気になる場合は休養しましょう!

むしろ、筋トレで筋肉をつけたいなら、たんぱく質は積極的に摂るべきですし、食事でとれない場合はプロテインがおすすめです。

まとめ

まとめ

筋トレ、ジム通いによる健康診断の数値の悪化は誰でも気になります。

でも筋トレやジム通いで生活に運動を取り入れたことで、体の調子が悪くなるなんてコトはありえませんよね。

・筋トレで健康診断の数値が悪化することあるが原因ではない

・むしろ良い効果のほうが多いので積極的に実行すべき

・コレステロールの数は減少する(悪玉コレステロールは存在しない)

・腎機能の値の上昇は心配なし(ただし休養と水のこだわりは必要かも)

・肝機能の値の上昇は心配なし(肝機能との因果関係すらない)

筋トレは健康だけでなく、ビジネスや人間関係においても良い効果がある事が知られています。

実際に海外でも優秀なビジネスマンは必ず筋トレやワークアウトを習慣にしていますよね。

健康診断の数値はタダの数字に過ぎませんし、まして体質は人それぞれです。

中身をきちんと理解すれば少しの数値のオーバーを恐れる必要はありません。

ボクはジム通いや筋トレで人生が好転したので今後も継続です。