おすすめの転職エージェント

20代で転職に成功した感想│第二新卒におすすめの転職サイトの選び方

20代の第二新卒転職でも大成功できる具体的な方法を知りたくありませんか?

あわない会社をやっとの思いで退職できたのに、また合わない企業に転職してしまうと次の転職の気力もなくなっていきます。

転職が下手な人
転職が下手な人

・転職するたびに「こんなはずじゃなかった!」って思うんだけど

・勢いで転職したけど「結局、最初の会社が一番良かったよ!」

・自分が選んだ就職先は「なぜ毎回ブラック企業なの?」

・世の中には「ブラックな転職先しかないの?」

こんな思いをしたくはありませんよね。

この記事を書いているボクの経歴はプロフィール記事のとおり。実体験を元に「20代の転職を成功させるコツ」をお伝えます。

・中途入社した東京の上場企業での営業に疲れて1年で退職

・第2新卒で地方の中小企業メーカーに転職

・営業⇒資材調達にジョブチェンジして幸せ

かもかもまん
かもかもまん
「営業⇒資材調達にジョブチェンジ」「都会⇒地方にジョブシフト」という背景がかぶれば特に参考にしてみてください。

「最初の会社が一番マシだった!」という不幸にあわないために大事なポイントは2つです。

1:正しい転職方法を選ぶこと

2:転職は第2新卒の一発目に成功するべき

第2新卒での転職はその後のキャリアを決める重要な選択になります。

ここで失敗して、その後何度も転職を繰り返してしまう人が多いですから、正しい転職方法を選ぶことは超重要ですよ。

下記は実際に使ってよかった転職サイトと当社に面接に来た人が利用の多かった転職エージェントです。

役に立った転職サイト

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」※自分の適性を知ることができる

MIIDAS(ミイダス)の「市場価値診断」※適正年収を知ることができる

VIEW(ビュー)の「AI適職診断」※AI診断で適職を知ることができる

利用者の多かった転職エージェント

マイナビジョブ20’s20代に特化しているので初めての転職者にやさしい

Re就活20代第2新卒転職の最大手。満足度調査4冠達成の実績

転職shop│業界大手のリクルートが運営する20代特化型転職サービス

マイナビエージェント|定番です。案件も多いので、登録して損はしないはず

JACリクルートメント薦めたい転職エージェントNo.1。業界トップの実力と実績があり安心です。

doda│業界歴が長く、信頼できる転職サービス。地方案件にも強いですね。

この記事では特に20代に特化した転職エージェントの感想を深堀していきますから、参考にしてみてください。

20代で転職に成功した手順│第二新卒におすすめの転職サイトの選び方

経験年数や社歴の浅い第二新卒20代の転職では転職サービスの利用が成功の近道です。

転職サービスには「転職サイト」と「転職エージェント」の2種類があります。

第二新卒の転職で失敗しないためには、下記の手順で進めるのがおすすめです。

失敗しない転職手順

①ダメだと思ったらすぐに転職を決意する

②次の就職先が決まるまで絶対にやめない

③第二新卒に強い転職サイトに登録して転職先候補を選ぶ

④転職エージェントに登録して希望の企業を伝える

⑤転職エージェントの紹介つきで面接を受ける

上記の流れです。

なお、転職活動を成功させるには、手順④の「転職エージェントの紹介つき」が最重要です。

社歴の浅い20代は単独で求人に応募しても連絡が来ない事があり、自信がなくなります。

単独では連絡がなかった企業でも「転職エージェントの紹介」があるだけで、グッと面接の可能性が高まります。

結論:転職エージェントをフル活用するべき

数万社ある中から、20代の第2新卒が自分に合う会社を独力で探すなんて至難の業です。

5分ほどの入力で登録できますからサクッと登録しておきましょう。

自分に合う転職先は絶対あるので、とりあえず登録がおすすめです。

転職失敗より大きなリスクは今のあなたには無いですからね。

もちろん利用は無料です。

転職サービスを選ぶ基準

自分に合った転職サービスを選ぶ基準は以下のとおり。

・ 自分で転職先を探す人→「転職サイト」

・ エージェントに相談しながら転職先を探す人→「転職エージェント」

詳しくは「転職活動前に知るべきこと│転職エージェントと転職サイトの違いは一つ」の記事でも解説しています。

https://kamokamoman.com/jobshift_how_to/

転職サイトは、自分で求人を探して、自分で応募するという流れになりますが、サイトだけで第二新卒時の転職活動することはおすすめできません。

なぜなら、個人での転職活動は以下のデメリットが多すぎるから。

・最適な転職先を提案されない

・大事なことが聞けない

一方で、転職エージェントを利用するだけでも以下のメリットが得られます。

・専属の転職のアドバイザーがついてやり取りできる

・希望の求人を選び、応募から選考までフォローを受けることができる。

応募書類の作成や面接の練習、内定後の条件面の交渉など、節目ごとにエージェントがサポートしてくれる上に、サービスはすべて無料です。

転職エージェントは、転職先の企業から成功報酬を受け取っていますので、転職する人が受けるサービスはすべて無料です。

エージェント利用の流れは「面談⇒求人紹介⇒応募⇒面接⇒内定」となります。

≫エージェント利用の流れを確認する

転職エージェントを使いこなす方法

転職エージェントをうまく活用する方法は全部で8つあります。

1、2つの転職方法を知る

2、転職エージェントのメリット、デメリットを知る

3、転職の4つのパターンを知る

4、採用側の見ている「キャリア理論」を知る

5、転職エージェント会社の特徴を知る

6、転職エージェントの担当者のタイプを知る

7、転職のマーケットを知る

8、自分の年齢の転職難易度を知る

NimU
NimU
大事なことは転職エージェントの仕組みを知ったうえで、自分を最大限に高く売り込むことですね。

このあたりは、個別に解説すると長くなってしまいますので「転職エージェントの活用法を8項目で簡単解説│失敗したくない人必見」の記事にまとめています。

資材調達転職に失敗しない転職エージェントの選び方【8つの体験談】
【3度の転職で年収3倍増】失敗しない転職エージェントの選び方3選はじめての転職エージェントの利用はわからないことが多くて不安ですよね? 不安になる理由は「良く分からない」「クチコミで調べ...

第2新卒転職を失敗しない手順

ブラック企業から転職するなら第二新卒時【転職サービスを利用すべき】

手順1:早めに転職を決意する

新卒で就職し、すでに転職を考えるあなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 思っていた仕事と違う・・・
  • 給料が安すぎる・・・
  • オーナーや上司が尊敬できない・・・
  • 人間関係がつらい・・・
  • 配属先の地域になじめない・・・
  • 先輩の話を聞いてみたら未来が無い・・・

その悩みは今の会社にいる限り消えることがありませんよ。

以前は「石の上にも3年」でも現在は「石の上にも3ヶ月」の時代です。

今の職場がつらくて圧迫されるような悩みを感じているのであれば、早めの転職が人生を豊かにしてくれるはずです。

「自分が甘いのではないか」

「自分の会社はまだマシなのではないか」

あなたが悩む必要はなくて、ブラックな会社が悪いのです。

≫なんとなく就職した会社がもう無理な人向け ブラック業界の見分け方

なんとなく就職した会社がもう無理な人向けブラック企業の見分け方
資材調達の仕事が激務だと感じたらブラック業界です│即転職でもOKあなたは今の仕事に疲れて消耗していませんか?「今の仕事は激務過ぎないか?なんとなく就職してしまったけどなんか違うんだよなぁ、、もしかして、ブラックな業界で働いているのでは?」こんな風に感じているなら、本記事が参考になるかも。...

 

ただ、行動しない自分にも少しだけ問題がありますよね?

日本には400万以上の企業があり自分にあった転職先が必ず見つかります。

早目の転職をオススメする理由は、企業は「第二新卒が欲しい」からです。

手順2:次の就職先が決まるまで絶対にやめない

今の会社が無理だと思ったらすぐに転職を決意してもいいですが、次が決まるまで絶対にやめてはダメです。

理由は一度退職してしまうと「第二新卒」ではなくなるからです。「第二新卒」と「無職」では転職難易度が桁違いになることは理解できますよね。

転職には「第二新卒カード」が超有利です

 

大学卒業後数年以内は「第二新卒」として扱われます。

企業は少子化の影響でどこも人不足で即戦力が欲しいのです。

新卒者は教育期間もあり、6ヶ月は戦力として期待できません。

ある程度の社会人経験がある第二新卒は転職市場では有利になっています。

第二新卒の転職ハードルは超低いので早めに取り組むに越したことはありません。

 

ただし以下の例はNGです。

・転職の方法が分からないのでいきなり職業安定所にかよう

・知り合いのコネでとりあえず転職

こういった人は情報を取る方法を知らないので2回3回と転職を続けて消耗します。

情報を取る場所を知らないのであれば、以下の手順がオススメです。

 

手順3:第二新卒に強い転職サイトを利用する

転職活動の本質は「雇ってもらう」ではなく、アナタという商品を「できるだけ高く売り込む」活動です。

希望の企業が見つかっても、いざ面接というときに「自分にどんな強みがあるのか」「自分の市場価値はどれくらいなのか」を理解できていないと苦戦することになります。

とはいえ「自分自身の経験」と「自分の市場価値」を20代の初めての転職で完全に理解するのは無理ですよね……

なので、ここは素直に転職サイトの力を借りるべきかなと。

※無料で利用できます。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」※自分の適性を知ることができる

MIIDAS(ミイダス)の「市場価値診断」※適正年収を知ることができる

VIEW(ビュー)の「AI適職診断」※AI診断で適職を知ることができる

できないことに努力するのは時間のムダですよ。

転職サイトには「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールがあり、それだけでも利用価値が高いです。

特に『リクナビNEXT』のツールは職務経歴書に転職サイトのロゴが入らないので使えますよ。ワードとエクセルへ出力できる点も便利です。

ワードとエクセルへ出力できる点も便利なので、それだけでも登録する価値があります。

なお、グッドポイント診断の使い方は「完全無料の「グッドポイント診断」の使い方│強みを知って年収アップ」の記事にまとめていますので参考にどうぞ。

完全無料の「グッドポイント診断」で強みが分かれば年収アップは簡単
完全無料の「グッドポイント診断」の使い方│強みを知って年収アップ こんな疑問を解決します。 本記事を書いているボクは、過去3回の転職で年収をアップしてきました。 400万円か...

手順4:第二新卒に強い転職エージェントに登録する

転職エージェント会社はコンビニより多いそうで、特に初めての転職ではどこがいいのか迷ってしまいます。

登録すべき転職エージェントのポイントは2つです。

①業界大手

②第二新卒に特化した会社

業界大手は、単純に「実績がある=優良な求人が集まりやすい」というだけでなく「エージェントの質が確保される」というメリットがあります。

同様に、中小企業でも「第二新卒」に特化することで「その分野だけは大手に負けない」というメリットを持っています。

以下は参考に、実際に当社に面接に来た人が利用の多かった転職エージェントです。

マイナビジョブ20’s20代に特化しているので初めての転職者にやさしい

Re就活20代第2新卒転職の最大手。満足度調査4冠達成の実績

転職shop│業界大手のリクルートが運営する20代特化型転職サービス

マイナビエージェント|定番です。案件も多いので、登録して損はしないはず

JACリクルートメント薦めたい転職エージェントNo.1。業界トップの実力と実績があり安心です。

doda│業界歴が長く、信頼できる転職サービス。地方案件にも強いですね。

この記事では特に20代に特化した転職エージェントの感想を深堀していきます。

業界大手の「マイナビジョブ20’s

【オススメ度】

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

 

「マイナビジョブ20’s」は業界大手の「マイナビ」が関東・東海・関西の20代向けに展開する転職エージェントです。

 

実際に利用した感想

大手の強みはなんといっても第二新卒の「非公開求人」の取り扱いの多さです。

・マイナビグループの企業力を生かし非公開求人”が80~90%です。

・適性を見た上で求人を紹介してくれるミスマッチが無く効率的でした。

・大手のマイナビのエージェントは他の比べプロ意識が高いです。

大手のエージェントは教育もしっかりしているので、シンプルに信頼できます。

職務経歴書や履歴書について詳しくアドバイスももらえるので、初めての転職に不安がある人におすすめな転職エージェントです。

満足度NO1のRe就活

【オススメ度】

【公式サイト】https://re-katsu.jp/career/

 

満足度の20代転職エージェントなので、まずはここに登録しておけば間違いないです。

実際、多くの転職者がRe就活経由で面接にきています。

転職する・しないに関わらず、まずは仕事についての悩みや不安を気軽に相談できます。

実際に利用した感想

第二新卒時によくある悩みが解決できます。

・どんな仕事が向いているかわからない

・どんな企業があるのか調べられない

・新しい業界で再出発したい

今後の選択肢を一緒に考えるところから始める感じになってしまうので、最初は転職活動をするというよりは、相談に乗ってもらうという感じになります。

活動中は進展している気がしないかもですが、転職スキルアップになることは間違いないです。

「絶対に失敗したくないからじっくり転職活動したいよ!」という方にはぴったりかと。

リクルートが運営する就職Shop

【オススメ度】

【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

「就職Shop」はリクルートが運営する第2新卒特化型の転職エージェントです。

業界最大手だけあって利用者数、登録企業ともにトップクラス。地味に立地が駅近なのも便利なポイントです。

・業界最大手のリクルートが20代に特化して運営し10万人以上の利用実績

・未経験者歓迎の登録企業数が10,000社以上ありミスマッチが少ない

・書類選考、資格の確認なし。純粋にあなたの能力で就職ができる。

大手のエージェントは教育もしっかりしているので、シンプルに信頼できます。

地方にも強いdoda

【オススメ度】

【公式サイト】https://doda.jp/

 

doda(デューダ)」を使うメリットはなんといっても実績です。

 

求人数は2019年現在139,183件(非公開求人含む)

過去の転職成功者の事例は186万人

実績が多いということは「信頼が厚い」ということです。

実際に使った感想

地方にも強く、東京からの転職でも地方の案件を多く紹介してもらいました。

第二新卒向けの求人に力を入れているようで、20代向けの求人を幅広く扱っているので選択肢を多く持ちたい方に向いてます。

もちろん業界大手の優秀なエージェントなので、安心して転職サポートを任せられます。

手順5:転職エージェントの紹介つきで面接を受ける

転職エージェントのメリットとデメリットは以下のとおり。

メリットデメリット
・非公開の求人にアクセスできる

・業界情報が手に入る

・書類選考対策が十分できる

・履歴書が最適化される

・企業との条件交渉ができる

・スケジュール管理が容易

・エージェントと一生の付き合いができる

・悪いエージェントの見極めが必要

・公開求人にしかアクセスできない

・求人倍率が高く競争が激しい

・書類を独力で書かなければいけない

・履歴書の最適化が困難

・企業との条件交渉はまずできない

・スケジュールを組まなければならない

・独力で全部やる

・エージェントとの関係の煩わしさはない

NimU
NimU
使ったメリットの方が大きいですよね。

エージェントを利用すると、あなたに最適な企業を選んでオファーしてくれます。

いちいち探して応募して

その度に応募書類を作って

企業によって志望動機を変えて

NimU
NimU
こういった作業は正直メンドイですよね。

個人でエントリーしても書類選考で落とされるような会社や、非公開求人にもリーチできるため、エージェントを利用するメリットは大きいです。

第2新卒のあなたのことが欲しい3社

第2新卒よりも即戦力が欲しいかもしれない3社

NimU
NimU
上記のどちらに時間を使うべきかは明白です。

また、エージェント経由で面接が決まると、面接のスケジューリングもお任せですし、当日の面接シュミレーションもできちゃいます。

メンドイ作業をお任せできる

一人じゃ難しい準備を手伝ってくれる

NimU
NimU
働きながらの転職活動ってほんと時間がないので、助かります。

第2新卒で転職を成功させたいなら、転職エージェントの紹介付きの面接を受けると効率がいいです。

転職するときにチェックしたいサイト3選

20代の第二新卒転職は、まだ経験値が少ないから、会社の情報は事前にチェックすべきでして、以下のサイトを利用すれば簡単に情報集できます。

OpenWork:社員の口コミが書き込まれているサイト。年収や企業風土など現場で働く方の意見を直接知ることができるから有益です。

転職会議:700万人以上の登録者がいる日本最大級の転職系書き込みサイト。元社員や現役社員の口コミを見ることができるから、他の仕事を知りたいときに役立ちます。

ウズキャリIT│20代のIT転職に特化した転職サービスで転職後の定着率が高い=満足度が高いことで知られています。

初めての転職では未知の体験に行動をする決心そのものが不安ですから、より慎重になるべきかなと。

「転職会議」は毎週の更新書き込みも多いので、最新情報を知るうえで参考になります。

なお、ウズキャリITを紹介する理由はIT業界が人気だからです。IT業界に興味がないとしても、人気の業界の情報を知ることは大切です。

というもの、業界によって年収や将来の働き方が全く変わってくるからですね。

IT業界が人気な理由は以下のとおり。

・自由な社風や働き方

・プログラミングやWEBマーケのスキルが身につく

・フリーランス独立を目指せる

・年収が高い

・将来性が高い

自分が就職したい業界との比較はしておいた方が、後悔が少ないです。

他人の就職活動を見られるサイト

他の人の就職活動って知りたいけど、なかなか知る事ができませんよね?

転職活動をしたいなんて同僚には絶対いえないし、友人にも相談しにくいものです。

そんなときには以下の無料サイトが便利です。

Meets Company│幅広い企業の説明会を案内するサービス

就活ノート│ほかの人の就活状況を知ることができるサイト

こんな感じで目的に合わせて登録しておくと便利です。

第二新卒の転職のコツと注意点

第二新卒の転職での注意点

・新卒で入った会社が無理すぎるなら早いうちに転職

・企業は第二新卒を欲しがっている

・年収アップも十分狙える

・転職は繰り返すと悲惨

真面目な人ほど会社に恩義を感じたりしますが、会社と従業員の関係はただの雇用契約に過ぎませんし、まして今は45歳以上でリストラの対象になる時代です。

より待遇のいい会社を求めて転職するのは当たり前の行動かなと。

同じ会社で働き続けるほうがリスクですし、年収を上げるための「転職スキル」は早いうちに身につけておいたほうがキャリアとして有利になります。

転職準備は無料でノーリスク

将来転職の可能性があるのなら準備はしておいたほうが良くて、今は転職を考えていなくても、転職サービスの登録はしておくといいと思います。

自分の市場価値を測定しておくメリットは、これから大きくなりそうですし、いざ転職が必要になった時にライバルに勝てるとは限りませんからね。

なお、転職サービスに登録するメリットは以下のとおりです。

転職サービスに登録するメリット

・いつでも転職できるという気持ちの余裕ができる

・自分に足りないスキルのモノサシができると努力できる

・自分の市場価値がわかる

人生は常にスキルアップだからやむなしです。

まとめ

第二新卒は初めての転職の人が多く、自分の意見を持つ事が難しいです。転職で失敗しないためにも、自分の市場価値を明確にしておくべきかと。

例えば以下の感じでイメージしておくだけでも、条件に合った求人を選べるようになるので、ミスマッチも減り失敗しにくいです。

・年収は400万以上

・職種は○○で

・勤務地は○○で

例えばこんな例ですね。

かもかもまん
かもかもまん
第二新卒の転職は今後のキャリアに大きく影響してくるので、いろいろな方の意見を聞くことは有益。

上記の例のように、ほんの少し行動しておくだけでも、未来は変えられますが、記事を読んだだけで何も行動しなければ価値はゼロです。

未来を決めるのって、今の行動だけなので少しでも行動しておくと未来が変わるかもです。

では本記事は以上になります。

記事で紹介した転職サービスまとめ(つねにスキルアップしたい人向けのリンク)

OpenWork:社員の口コミが書き込まれているサイト。年収や企業風土など現場で働く方の意見を直接知ることができるから有益です。

転職会議:700万人以上の登録者がいる日本最大級の転職系書き込みサイト。元社員や現役社員の口コミを見ることができるから、他の仕事を知りたいときに役立ちます。

ウズキャリIT│20代のIT転職に特化した転職サービスで転職後の定着率が高い=満足度が高いことで知られています。

就職Shopリクルートが運営の第2新卒特化型

マイナビジョブ20’s20代に特化しているので初めての転職者にやさしい

Re就活20代第2新卒転職の最大手。満足度調査4冠達成の実績

マイナビエージェント定番です。案件も多いから登録して損はしないはず

JACリクルートメント薦めたい転職エージェントNo.1。業界トップの実力と実績があり安心です

doda│業界歴が長く信頼できる転職サービス。地方案件にも強いです