稼げる副業の始め方

40代サラリーマンに幸せな老後は来ない│人生100年時代の生き方

40代になって考える事があるとすれば、今後も同じように生活できるか?ですよね。

心配なことは健康のこともあるし、仕事やお金のこともあります。

世間では「高齢化社会」「年金崩壊」「終身雇用崩壊」「人生100年時代」などといわれていますが、いま40代サラリーマンのボクたちはどうればいいのでしょうね?

ボク自身の考えですが、「人生100年時代」は本当です。

とすれば「人生の概念」も変わるはず。

これまでは

・定年したら老後

・あとは年金をもらって、日向ぼっこをしながら死を待つのみ、、

というのが常識でしたが、これからは違います。

・定年から第2の人生が始まる

・60歳以上でも生きがいをもって仕事と人生を楽しむ

こうなります。

60歳以上を誰が「老人」「高齢者」と決めたのでしょう?

60歳を超えたら社会から除外されて「お疲れ様でした、あとは死んでください」とは何事!

高齢者のほうが多い世の中は「高齢化社会」ではなく「若年化社会」では?

これからも社会は「今の40代」が引っ張っていくし「人生100年の世界」では、

あなたは生涯現役の主役ですよ。

将来が不安なのは「将来の保障や安心をあてにしてるから」ではないでしょうか。

これからの40代は今の仕事が終わったあとの将来をどのよう活躍したいのか?

このビジョンがとても大事です。

40代サラリーマンに幸せな老後は来ない│人生100年時代の生き方

40代サラリーマンこそ副業で新しいことに挑戦すべき:老後は来ない

40代のサラリーマンだからこそ、今すぐ新しいことに挑戦すべき時代です。

冒頭に書いたように、これからの社会は生涯現役。

生活のための仕事から人生を豊かにする仕事にシフトできた人が幸せに暮らせる社会だからです。

そして、外部的には以下の流れは変えられないでしょうね。

自分が変わるしかない状況にジワジワと追い込まれています。

  1. サラリーマンの収入は減り続け、税金や医療費などの支出は上がり続ける
  2. サラリーマンの収入は上がる見込みがない
  3. 政府も企業も個人を助けるつもりがない

40代サラリーマンこそ副業に挑戦すべき

新しいことといっても趣味では将来の安心になりませんから、具体的には仕事を選ぶ事になります。

とはいえ、定年後に新たなキャリアをいきなり始めるのは困難ですよね。

なので、ボクが40代になってから個人的に実行しているのは「副業」です。

こんなメリットがあるのでオススメです。

  • 本業があるうちの副業なら、すぐに稼げなくても問題ない
  • やってみてダメならやめればいい
  • 本当に自分にあう仕事が見つかる

ちなみに、副業禁止の企業であったとしても副業がばれることはないので安心してください。

1、サラリーマンの収入は減り続けている

サラリーマンの収入は、がんがん減少しています

下の画像は、サラリーマンの平均年収を年度別にまとめて、推移を表したもの

統計元:平成29年分民間給与実態統計調査結果サラリーマンの賃金推移

平成7年〜平成29年の平均年収の推移を見ると、年々減少しているのがお分かりいただけると思います

働き方改革とか言ってますが、平成21年のリーマンショック前の水準にも戻っていないんですよ!

そのくせ、税金だけは、がんがん上がってきてます

  • 消費税増税5→8%
  • 社会保険料
  • 震災復興
  • 年金保険

実際、サラリーマンの給与の50%近く(一部会社が負担)は税金になってます

そして、これからも、政府は税金を上げ続ける気満々です

  • 相続税増税
  • 消費税増税(8%→10%)
  • 高齢化社会に対応して介護費用、医療費の負担増加
  • 新しい税金の設立(出国税など)

 

さらに、さらに、以下の未来が待っていますから、必要な支出は増え続けますね

  • 人生100年時代になり、寿命が伸びる
  • 終身雇用制度の崩壊(45歳リストラ)
  • 年金収入も減るので貯金が必須
  • 低金利預金で、銀行に預けても貯金が増えない

具体例です。

最近物議をかもした『老後2,000万円必要問題』ですが、ぜんぜん足りないですね

100歳まで寿命が延びた「老後の夫婦二人の日常生活費は、普通の生活を送ろうとすると平均月35万、70歳リタイアで年金が20万円としても、月15万円足りないです

100歳までの30年間で15万円×30年×12ヶ月=5,400万円も足りません

今の20〜30代は、もっと少子高齢化なので『5,400万円よりもっと足りない』未来が予想されますね

 

2、日本企業はすでに世界のトップではないし今後も期待できない

では基本給が爆上がりするかというと、それも期待できません

あまりニュースになることはないですが、日本企業は2000年時点では、世界で活躍する上位10社のほとんどを占めていましたが、今は1社も無いですから

世界の中心はアメリカと中国です

1位:中国工商銀行

2位:中国建設銀行

3位: JPモルガン・チェース

4位:バークシャー・ハサウェイ

5位:中国農業銀行

6位:バンク・オブ・アメリカ

7位:ウェルズ・ファーゴ

8位:アップル

9位:中国銀行

10位:中国平安保険

11位:ロイヤル・ダッジ・シェル

12位:トヨタ自動車

ボクは製造業(半導体関連)で20年以上、仕事をしていますが、2000年以降の上場企業の衰退を目の当たりにしています

いま景気が良い自動車関連の企業も、2022年以降の、カーシェアの普及・自動運転・モノとITの融合の流れに対応できなければ未来は分かりません

IT分野ではすでに日本は後進国ですから、現役サラリーマンの体感としても、日本の衰退は既定路線だと思いますよ

3、国も企業も個人を助けるつもりはない【副業推進】

これからのサラリーマンは収入が減る一方で、支出が増えていくわけです。

これは国も認めています

最近、急に以下の言葉がではじめましたよね。

『副業解禁!』

『年金だけでは不安!2000万必要』

『終身雇用の維持はムリ!』

国からも企業からも

『もう守りきれないので、個人で稼いでください』

と言われているんですよ!

もはや、将来も給与収入だけというのはリスクでしかありません。

よほどの資産家なら株や土地などの資産運用をすればいいかもしれませんが

現状で余裕がないなら、40代のサラリーマンも『副業』を準備したほうがよさそうです。

40代サラリーマンにはどんな副業が最適なのか?

副業といっても労働の時間をお金にかえるような「バイト」はだめですよ。

競馬もパチンコも稼げますが、おすすはしません。

カラダを壊したら即終了ですからね。

これは体験済みです。

では、どんな副業がいいのでしょう?

結論は、スキルや記事が「稼ぐ資産」として残る「webでできる仕事」です。

ボクが実際に月に5万円以上稼いでいる方法は記事で紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。

おそらくですが、40代のサラリーマンのスキルがあれば誰でも月5万円は稼ぐ事ができます。

恐れずに言えば、その辺のニートや若者にできて、われわれ40代のサラリーマンにできないことなんてあるんですかね?

違うのは筋トレと同じ。

「やるか、やらないか?」だけです。

まとめ

ココまで書いてきたことはボク個人の考えですが、結論はこれです。

・40代サラリーマンこそ副業で新しいことに挑戦すべき

・これまでの常識的な老後は来ない

・これからの時代も今の40代は社会の一員であり続ける

「高齢化」や「人生100年時代」を、あたまを空っぽにして考えればこうなります。

若年層より高齢者が多いのですから当たり前ですよね。

そんな時代ですから、

今までのような「定年したら日向ぼっこをして死を待つのみ」といった生き方から、

これからは「積極的に社会にかかわり続ける」事が当たり前になってきますよ。

今の仕事をきわめて、将来独立したり、相談役になってもよし、これまでとは違った本当にしたいことを仕事にするのも良いですね。

どちらにも大切なことは、現状で思考を停止するのではなく、新しいチャレンジを続けることだと思っています。

今回の記事が少しでも刺激になるとうれしいですね。

では。