ジムの選び方

ジム通いより自宅トレーニングが向いてる人の5つのポイントと始め方

「ジム通いと自宅トレーニング」どちらが今の私たちに向いているのでしょうか?

夏に向けて痩せたい!筋肉をつけてかっこよくなりたい!という気持ちはあっても、最初は不安なのでこんな風に考えてしまいます。

「カラダを変えたいとは思うけどジムに1人で通う勇気が出ないな」

「人目も気になるし、ジムの道具を揃えるのもメンドクサイ」

「実際に手続きにいく第一歩が踏み出せないんだよね、、」

「ジム通いをして会費を払った分、ちゃんと通えるかな?」

「まずは自宅トレーニングからはじめてみようかな?」

この記事ではそんな悩みを解決します。

この記事を読むとわかること

・ジム通いより自宅トレーニングが向いている人の特徴

・自宅トレーニングのメリットと始め方

・自宅トレーニングのデメリットと注意点

 

ボクも過去2回ジム通いを挫折しましたよ。

今でこそジム通いをオススメしているボクですが、過去に2回ジム通いを挫折しています。

月に数回、しかもお風呂とマッサージしか利用していない、、

月に1万円も払っているのだから、もっとジムに通いたい気持ちはあるけど、通う事ができなくてツライ、、

なんか自己嫌悪に陥りそう。

もしかしたら、あなたも今はジム通いよりも自宅トレーニングの時期なのかもしれませんよ。

自宅トレかジム通いか?迷っている方は是非参考にしてみてください。

ジム通いより自宅トレーニングが向いてる人の5つのポイントと始め方

ジム通いより自宅トレーニングが向いてる人の特徴【始め方や注意点】

自宅トレーニングに向いている人の結論です。

「ダイエットや筋トレは始めたいけれど、時間とお金に余裕が無い状況の人」

 

つまり、その人の個性というよりは、人生のステージのほうがポイントだったりします。

具体的なチェックポイントを作ってみました。

自宅トレーニングを選ぶチェックポイント

①これからダイエットや筋トレを始めたい方

②近くにジムがない方

③人目が気になる方

④時間がない方

⑤金銭的な余裕がない方

特に若いときや、忙しくて時間が無いときに当てはまりやすい傾向があります。

 

ポイントは「見た目」「時間」「お金」です。

 

見た目は気になるけれども、ほかにすることが多い若い時期は、無理に時間とお金をジム通いに使わなくても、自宅トレーニングでOKです。

誰も言わないジム通いが続かない人の共通点│むしろ良いコトだと思う
ジム通いが続かない本当の理由は○○○が低いから│継続のコツは5つジム通いがなぜ続かないのか?続けるにはどうしたらいいのか?方法を知りたいですか? でも、続かないですよね?...

 

いまは他のやるべき事を存分に楽しんで、ジム通いはあとからでも十分間に合います。

20代より30代、30代よりも40代になるにつれ

  • 見た目よりも健康が大事
  • 金銭的余裕が生まれる
  • やる事が無くてヒマ

自然とこんな感じになってきます。

 

さらに付け加えると人目を気にしてしまう方も自宅トレーニングのほうが向いています。

特に若い女性はジムに通うとおじさんおばさんの視線がすごいですからね。

それがイヤで辞めてしまう方もたくさんおられます。

ジムで話しかけてくるおじさんはミュートでOKです│人生に必要ない
ジムで話しかけてくるおじさんはミュートでOKです│気持ち悪いだけスポーツジムで話しかけてくるおじさんに消耗していませんか? こんな悩みを解決します。 本記事の内容 ・ジム...

 

もちろん、人付き合いが得意なら問題なしです。

ジムに行かないと効果が出ないのはウソ

「ジムに行かないと痩せないし、筋肉がつかないんでしょ」というのはウソです。

やり方さえ間違えなければ、どんな人でも痩せたり筋肉をつけることが可能です。

 

逆にやり方を間違えると、スポーツジムに通っても痩せないし、筋肉もつきません。

食べても太らない人の秘密│ダイエットのよくある質問と勘違いまとめ
食べても太らない人の秘密│ダイエットのよくある質問と勘違いまとめ食べても太らないあの人の秘密を知りたいですか? 食べても太らない人は自然ときれいになる方法を実践しています。 逆に食べてない...

 

自宅トレーニングはジムに比べて、少ない費用で気軽にトレーニングを始めることができ、効率よく体を鍛えることができます。

正しいやり方は本でも十分学べますよ。

筋トレ初心者にオススメな本7冊【健康・ダイエット・サプリも完全網羅】
即ポチ級│ジム通い・筋トレ初心者におすすめの本8冊を厳選したよ!筋トレ・ダイエット初心者向けにオススメのノウハウ本を知りたくありませんか?本記事では、そんなあなたのために筋トレ歴10年のボクが今でも使っている8冊を厳選して紹介します。ちなみに流行の○○ダイエット法みたいな本は、完全に無駄なので買うと失敗しますよ。...

 

自宅トレーニングのメリット

自宅トレーニングにはこんなメリットがあります。

・お金がかからない

・いつでもすぐに開始できる

・人目が気にならない

 

ジムの会費は月に5000円~1万円かかりますが自宅なら不要です。

忙しいときでも移動も着替えもなく、すぐに始められるのが魅力です。

自宅なら、人目も気にならないですよね。

なんなら、裸で筋肉を見ながら運動してもOKです。

ちなみにジムでは上を脱ぐのも禁止です。

筋トレは筋肉の動きを見ながら行うと効果的なので、自宅トレのメリットですね。

 

コロナで自宅環境が加速してきた。

最近は安価にネットでトレーニングメニューを配信するサービスも登場してきました。

むしろ自宅のほうがジムよりも効率的な時代になってきました。

オンラインジムのメリット

・2週間無料でお試しできる

・有名トレーナーの指導が受けられる

・無料期間が終わっても安価な設定

・産後のコースなども充実

・人目を気にせず集中できる

 

好きな時間に自宅でトレーニングができるし、費用も通常のスポーツジムよりも安価に設定されている点が魅力です。

「有酸素運動」「ボディメイク」「ヨガ」で人気のレッスンを比較してみました。

LEAN BODY(リーンボディ)│人気NO1、フィットネス動画が見放題

24/7 Online Fitness│24/7Workout監修のオンラインレッスン

SOELU│フィットネス・ヨガの30日間100円キャンペーン中

通常のジム LEAN BODY 24/7 Online Fitness SOELU
月額 ¥8,000~ ¥980~ \4,378~ ¥1,078~
場所 近隣のジム どこでも どこでも どこでも
時間 9:00-22:00 24時間365日 好きな時間 5:00-24:00
レッスン時間 30-90分 5-40分 40分 5-60分
入会金 \10,000 ¥0 ¥0 ¥0
無料体験 1日 2週間無料体験 2か月間無料 30日間100円

 

パーソナルつきのオンラインフィットネスは「一人だとトレーニングができないかも?」という不安のある女性にも大人気のプランです。

特に「LEAN BODY」は安価なので、初心者の入り口としては最適ですよ。

 

・月額料金は年間プランならたったの980円

・毎月プランでも1,980円なのでジムよりお得

・今なら、2週間の無料体験キャンペーン中

・5分から40分と気軽にできる上に、レッスン数は400以上。

 

インストラクターも有名な方ばかりなので、ファンの方はテンションがあがりますよね。

「令和版のビリーズブートキャンプ」も配信さてれます。

ほかにも、「産後ヨガ」「骨盤矯正」「ヨガ」「バレトン」「桃尻エクササイズ」「二の腕痩せ」「太もも痩せ」など女性向けのエクササイズが豊富でした。

 

↓HPのクチコミはコチラ。

女性のボディメイクって、こっそりやりたい!という気持ちもあるので、自宅で簡単に始められるトレーニングが実は最適チョイスかもしれませんね。

※なんと、限定キャンペーン中の今なら月額480円で始められます。

≫無料で2週間体験できるLEAN BODY

 

自宅トレーニングの始め方

高価なウエアや靴をそろえなくてもいいかわりに、道具を自宅にそろえる必要があります。

すぐに必要なものを3つピックアップしました。

1、ヨガマット

2、プッシュアップバー

3、ゴムチューブ

 

1、ヨガマット

【amazonランク1位】

【amazonランク2位】

 

騒音対策、腰への負担減、滑り止め効果など、怪我予防の意味でもヨガマットは必須アイテムですよ。

2、ゴムチューブ

 


ゴムチューブがあれば、腕だけでなく、下半身や上半身など、体全身を鍛えることができますし、ストレッチにも使えて便利です。ダンベルと違って収納性も優れているのも気にいっています。

3、プッシュアップバー

【amazonランク1位】


自宅トレーニングでは最初のうちは自重がメインになります。プッシュアップバーがあると格段に腕立て伏せがやりやすいので、あると便利ですよ。

この商品のように、滑り止めがついているものを選びましょう。

 

ココまでが最低限必要なものです。

自宅トレーニングに慣れてきてから欲しくなる道具

最初は自重でも十分満足できますが、慣れてくると物足りなくなります。

あわせて追加でそろえたくなるアイテムも3点紹介しておきます。

4、ダンベル

5、フォームローラー

6、アブローラー

 

4、ダンベル

【amazonランク1位】

最初はペットボトルに水を入れて使っていてもOKです。
ダンベルは普段は邪魔になるので、この商品なら一個で済みます。
バーベルとしても使えるので重宝します。
色使いがおしゃれなところもいいですよ。

5、フォームローラー

【amazonランク1位】

フォームローラーは筋膜をリリースするために使うストレッチの道具です。
この上で背中とか腰をゴロゴロするととても楽になります。
初心者のうちは筋膜が固いので、リリースしてあげましょう。
柔軟性が増すので怪我をしにくくなりますよ。
ボクは手で持つタイプが付属しているものを愛用中。

 

 

ふくらはぎをゴリゴリすると気持ちが良いです。

肩こりや腰痛がツライときのおすすめ

テニスボールやトリガーポイントなど、ボール状のものはピンポイントで押せるので気持ちいです。

ボクのおすすめはテニスボールより反発力が強くて頑丈なトリガーボール!

 

6、アブローラー

【amazonランク1位】

【amazonランク2位】

アブローラーは女性には必要ないと思いますが、男性には確実に腹筋に効くのでオススメです。

シックスパックを最速で手に入れるならこれですね。

いろんなタイプがありますが基本形が一番です。

注意点として、ゴロゴロ音がすごいので静音タイプを選びましょう。

 

自宅トレーニングのデメリットと注意点

最後に自宅トレーニングのデメリットをあげておきます。

自宅トレーニングのデメリット

・自宅が汗臭くなる

・音が気になる

・一度止めると再開できない

自宅でトレーニングすると気になるのが、音と匂いです。

 

例えばLEAN BODY(リーンボディ)の「ビリーザブートキャンプ」は楽しいですけど、マンションでは大音量ではできないので、ワイヤレスイヤホンは必須ですし汗が床にポタポタと落ちますよね。

夏場は汗の匂いが部屋から取れません。

 

 

そして自宅トレーニングは一度トレーニングを中止してしまうと再開が難しいです。

ジムなら、行けば運動が再開できますが自宅ではむしろ寝転がりたくなります。

あと、たびたび家族からの邪魔も入ります。

落ち込まないで!女性がジム通いで痩せない原因は本能です│仕方ない今回は「ジムに通ってもなかなか痩せない!なんで!」と怒り気味のあなたの疑問にシンプルにお答えします。 こんな悩みを解決しま...

 

環境を整えることが意外と難しいのも自宅トレーニングのデメリットです。

 

自宅が忙しいなら駅近くのジムもおすすめ

 

女性は特に毎日が忙しいですよね。

お出かけの準備に家事に洗濯。趣味の時間も必要だし、休日は話題のドラマもチェックしないと、、

自宅に帰ってしまうと、家事や育児でむしろ時間が無い!

そんな方には「仕事帰りのトレーニング」のほうが最適チョイスかもしれません。

 

最近、忙しい女性を意識した「時間をかけないパーソナルジム」が急速に拡大しているのもそんなニースがあるからでしょうね。

 

例えば【exercise coach】は最近、東京・大阪・名古屋の都会に店舗を拡大しているジムで、仕事帰りのたった20分で筋トレができるので、忙しい会社員に好評です。

魅力はなんといっても「手軽・速い・安い」ところ。

  • 無料体験ができる
  • 20分でプログラムが完了する
  • 手ぶらでOK
  • いつでもいける
  • 値段がライザップの1/3で済む

 

↓これです
パーソナルトレーニング【exercisecoach】


▼現在の店舗情報一覧はこちら
https://exercisecoach.co.jp/store/

体験は無料なので仕事帰りにさくっと覗いてみるのもいいかもしれませんね。

私自身も先日、名古屋のジムを無料体験してきました!

できたばかりなので設備も最新、新しくてキレイなので、おしゃれな女性にもオススメできます。

もし近くにどんなパーソナルジムがあるのか分からないなら、口コミ比較サイトを参考にするのもいいですよ。

※特別なキャッシュバックも受けられるので普通に入会するよりもお得です。

パーソナルジムの口コミ比較サイト【GYME】

まとめ:自宅でも十分トレーニングできる

自宅トレーニングが向いている人はこんな人です。

①これからダイエットや筋トレを始めたい方

②近くにジムがない方

③人目が気になる方

④時間がない方

⑤金銭的な余裕がない方

 

他にやる事が多かったら無理にジムに通わなくてもOKです。

・ほかにすることが多い時期は自宅トレーニングがベスト

・余裕ができてからでもジム通いは十分はじめられる

さらに最近では、あえて自宅でトレーニングする人も増えてきていますよね。

むしろ、ダイエット目的だけならジムに通う意味がない状況になってきています。

・自宅トレーニングの環境は充実してきている

・コロナで自宅トレーニングのほうが安心できる

・自宅なら人目を気にせずにできる

・自宅なら途中で退出してもOK

・自宅ならメイクや髪形を気にしなくてもいい

もし自宅トレーニングにデメリットを感じなければ、むしろ自宅がベストな選択かもしれませんね?

LEAN BODY(リーンボディ)│女性人気NO1!フィットネス動画が見放題

24/7 Online Fitness│24/7Workout監修のオンラインレッスン

SOELU│オンラインヨガの30日間100円キャンペーン中!

今回は以上です。