購買・資材調達就職

転職先を選ぶ前にすべきこと【求人情報でブラック企業を見分ける】

転職活動においては、事前にブラック企業を見分ける力は超重要です。

今あなたがブラック企業に勤務していて転職を考えているなら、仕事選びや、転職活動は、悩んで悩んで絞り込んだものでしょう。

ですがもし、絞り込んでやっと入社した会社が→またもやブラック企業!

だとしたら?

さすがに心が折れかけませんか?

実際にブラック企業からブラック企業への渡り鳥を繰り返している会社員は、ぼくの大学のの同期の中にもたくさんいます。

間違えた転職活動は、あなたもその沼にはめる可能性がありますよ。

そうならないためにも、事前にブラック企業を見分ける力は重要です。

実は、事前にブラック企業かどうかを見分ける方法が3つあります。

1.業界で見分ける

2.就職四季報で見分ける

3.採用情報で見分ける  ←ここを解説

この記事では、そのひとつである「3.採用情報での見分け方」を解説します。

 

 

この記事を読むとわかること

・こんな求人情報ならブラック企業確定!

・ブラック企業を採用情報で見抜く方法

この記事を書いている筆者は従業員400名ほどの製造業で25年勤務しつつ、資材購買・社員教育・採用業務などを担当しています。

転職市場と採用情報分野はプロです!

市場価値は転職者に必須のMIIDAS(ミイダス)での市場価値診断で、969社からのオファーと、平均の提案年収は678万円でした。

MIDAS市場価値レポート

 

転職先を選ぶ前にすべきこと【求人情報でブラック企業を見分ける】

転職先を選ぶ前にすべきこと【求人情報でブラック企業を見分ける】

ブラック企業がイヤで転職先を絞り込んだら、求人情報を入手しますね。

▼求人票の例です

求人票

▼求人票で見るべきポイントは4つです。

1.採用人数

2.給与制度

3.給与水準

4.企業の特徴欄

4つのうち2つ以上にブラック要素があったらアウトかも?

以下でそれぞれ説明していきます。

信頼性の根拠もありますよ!

・採用担当のボクが、実際に求人票を出す際に気を使っている

・内情を知っている

・他社の採用票にも目を通している

 

求人票のブラックポイント1:採用数が多すぎる

従業員数割合で20%以上の求人はブラック率が高い!

 

この会社は求人数が多いから受かりそうかも?

 

ちょっと待ってください!

従業員数に対して、採用人数が多い場合はブラック率が高いと思ってください。

『大量採用の裏には大量の退職あり』

大量に採用するということは「何か」あると疑ってみましょう。

 

具体的には

・新入社員が入ってもすぐにやめる

・会社の不満で大量に退職者が出た

・定年退職者が出たが、新卒者ゼロの時期が長くて若年層が足りない

こんな裏が隠されているかも?です。

 

最近よくある事例は、オーナー企業で、社長が交代したタイミングとかですね。

・前社長と、新社長の方針がまったく違って、ストレスでやめる

・前社長が会長として残り、新社長と2重管理で疲れてしまう

・新社長が無能すぎて将来が不安

入社してみたら、職場が派閥でギスギスしていた!なんて事例はよくある話ですよ。

 

次の場合は、例外もあります。

・新規事業や、新規店舗・工場の拡大で人員が員が不足

・本業が好調で受注があふれている

 

この場合は、その業界が伸びているか?で判断してください。

伸びている業界は最近ではIT系・工作機械などですね。

 

会社四季報「業界地図」などでシンプルに判断可能です。

ほとんどの方がご存知と思いますが一応、下にリンクを貼っておきます。

小規模な会社では、補助金目的で採用と退職を常態化している会社もあります。

入社するのは誰でもよくて、雇用すれば補助金がもらえるから採用しているパターン。

長くいられると迷惑なので「すぐやめる人材が希望」という会社は実際あります。

 

求人票のブラックポイント2:給与制度が固定給(年俸制)

給与制度が、新人からいきなり「固定給」や「年俸制」はブラック率が高い!

年俸制なんて、進んでる会社だな~

 

ちょっと待って!

若いうちから、固定給とか年俸制を提示してくる会社はブラック率が高いですよ。

 

固定給・年俸制というのは=『みなし残業』ということです。

特に多いのが、『年俸制』という言葉。

 

野球選手などを連想するので、高額給与のイメージを持ちやすいですが、求人を出す側からすれば「残業代を払うつもりが無いよ!」という意味ですよ^^

若くて実績もない社員に、高額な年俸は払いませんよね!

 

管理職が多いから、年俸制という企業にも注意してください!

「年俸制の管理職が多い=能力が高い先輩が多い」ではありませんよ。

会社としては、管理職にすれば、残業代を払う必要が無いのです。

課長代理とか、課長の能力は無いけど管理職というのは実際あります。

古い体質の製造業に多いのが、残業が多い社員が課長になるというケースです。

 

中小企業などは、基本給が安く、残業ありきの給与体系になっているので、長時間労働が常態化しています。

もし、あなたの狙っている企業が、固定給や年俸制の給与体系だとしたら、企業説明会や転職フェアで実際に、担当社員に聞いてみるといいと思います。

説明会に来ているのは人事の平社員のことが多いので、本音が聞けるはずです。

オススメは手伝いできている若手社員に「こっそり」聞く^^

求人票のブラックポイント3:給与条件がよい

給与水準が業界平均に対して高すぎる場合は、ブラック率が高い

給料が高くて最高かも!

 

ちょっと待った!

業界平均に対し低すぎる場合は論外ですが、逆に給与水準が高すぎる場合もブラックの可能性があります。

なぜなら、給与水準というのは、業界によってある程度一定だからです。

 

例えば、地方現行であれば、どの銀行でも給与水準は横並びですよね。

業界平均よりも給与水準を高く設定する場合、企業側の意図は以下のものです。

・固定給プラス歩合給の場合

・基本給プラス残業込みの場合

・昇給率が悪い場合

 

特に注意したいのは、『昇給率が悪い場合』

若いうちは、友人と比べて高い給与で優越感があったりしますが、30代・40代になるにつれ、差がどんどんついていき、気がついたら転職できない年齢に!

20代→手取り30万円(仕事が出来ないので残業多め)

40代→手取り25万円(仕事が効率化されて残業できない)

気がついたらすでに40代で転職も厳しい年齢に!

昇給が少ない会社では実際にあることです!

基本給が低くて、残業込みで給与水準が高い会社に多いですよ!

求人票のブラックポイント4:企業の特徴欄が抽象的

企業の特徴欄が抽象的な言葉で埋め尽くされている会社はブラック率が高いです

夢と希望にあふれた会社っぽいからやる気が出そう!

 

ちょっと待て!

夢や熱量でアピールしてくる会社は、特筆すべき「強み」が無い会社ですね。

業界内で「強み」が無い会社は、「労働の多さ」で利益を出すしかないため、ブラック化しやすい上に、自身がブラックなことに気がついていないケースが多いです。

がんばるのが当たり前^^みたいな

 

このような会社のPR欄に並びやすい言葉は以下のようなもの^^

・やる気にあふれた会社

・夢に向かってがんばる会社

・自分の成長を感じられる会社

 

若い社員の生き生きとした写真を添えてあったりすると、意外と騙されやすいですよ!

あと、総務の受付に若い社員を並べる^^

そのほかには、「社長の人物像の語り」とか多いですね。

社長がすばらしくても、社員が腐ってる会社なんて山ほどありますよね!

実際、大手企業の創業者の本はすばらしいけど、実際の取引先担当者はパワハラ満載!なんて普通です^^

ブラックを見抜くスキルがあるとWEBサイト活用にも有利

事前にある程度ブラック企業かどうかを見分ける方法は3つです。

この記事を読むことで、すべてのポイントで見分ける『目』が養われましたね。

1.業界で見分ける

2.就職四季報で見分ける

3.採用情報で見分ける  ←本記事でここを解説

自分でブラック企業を見抜く目を養うことが出来るようになると、こんなメリットがあります

1、いい転職サイト・悪い転職サイトを見分けられるようにいなる

2、いい転職エージェント・悪い転職エージェントを見分けられるようになる

 

転職するときは以下の方法を選ぶことが多いです。

1、転職サイトに登録

2、転職エージェントに相談

 

もし、あなたが登録した「転職サイト」や「転職エージェント」から、ブラックポイント満載の企業をごり押しされたら・・

その「転職サイト」や「転職エージェント」には注意したほうがいいかもしれませんね。

「ブラックな企業にでもいいから、とにかく押し込みたい」

こんな動機が生まれる背景は、転職業界では十分にあります。

あなたの将来より、自分の実績が大事な転職サポートってあるからね!
資材調達転職に失敗しない転職エージェントの選び方【8つの体験談】
転職エージェントの利用方法のコツを8項目で解説│転職3回の体験談はじめての転職エージェントの利用はわからないことが多くて不安ですよね? 不安になる理由は「良く分からない」「クチコミで調べると否定...

 

まとめ

転職先を選ぶ前にすべきこと【求人情報でブラック企業を見分ける】まとめ

事前にある程度ブラック企業かどうかを見分ける方法は3つです。

1.業界で見分ける

2.就職四季報で見分ける

3.採用情報で見分ける  ←この記事でここを解説

▼求人票のこの欄にブラック要素が無ければOK!というポイントは4つ。

→4つのうち2つ以上にブラック要素があったらアウトかも?

1.採用人数

2.給与制度

3.給与水準

4.企業の特徴欄

ブラック企業を見抜く目を養うことが出来るようになるメリットは2つ

1、いい転職サイト・悪い転職サイトを見分けられるようにいなる

2、いい転職エージェント・悪い転職エージェントを見分けられるようになる

登録した「転職サイト」や「転職エージェント」から、ブラックポイント満載の企業をごり押しされたら注意です!

▼ブラック企業を見分ける『目』が養われたあなたが次にすることは、いい転職エージェントに出会うことです。

転職で失敗しない人の選び方【転職サイトと転職エージェントの違い】
転職活動前に知るべきこと│転職エージェントと転職サイトの違いは一つ 転職活動が上手くいかなくて消耗していませんか? ・希望条件とは異なる求人ばかり紹介してくる ・連絡をしてもエージ...

 

資材調達転職に失敗しない転職エージェントの選び方【8つの体験談】
転職エージェントの利用方法のコツを8項目で解説│転職3回の体験談はじめての転職エージェントの利用はわからないことが多くて不安ですよね? 不安になる理由は「良く分からない」「クチコミで調べると否定...

 

もしも今現在、ブラック企業に勤めていて苦しなら、一刻も早くホワイト企業に転職しましょう!

いままでとは、ガラリと世界が変わりますよ。

会社を辞める前に考える4つの転職のメリットとデメリット3つ
転職3回でわかった4つのメリットデメリット│結論:仕事の軸が大事今の仕事が嫌いですか?やめて転職したいですか?でももう少し待ちましょう。 あなたの仕事の軸を見直してからでも遅くありませんよ。 この記事では、転職のメリットとデメリットを事前に確認しておくことができます。...

 

私立大学職員に聞いた!ホワイトすぎる仕事内容とは【転職方法も解説】
私立大学職員に聞いてみた!ホワイトすぎる仕事│求人の探し方も解説この記事では「本当のホワイト企業とはこんな企業」について紹介します。 世の中には信じられないほど、楽で、給料も高くて、休みも多くて...

 

転職エージェントは全国に約23,000社あります。

企業にいたっては、約170万社もあります。

正しく転職活動ができれば、必ずあなたにぴったりな企業が見つかりますよ。