役割と基礎知識

資材調達部員がとるべき行動基準とは?│購買部長が新人の悩みを解決する

新人の資材調達部員がとるべき行動の基準やポリシーに悩んでいませんか?

この記事では購買部長がアドバイスすることで悩みを一発解決します。

わたしも新人のころには購買ポリシーがあいまいで悩んできました。

仕事をする上で目指すべき姿、行動の哲学(ポリシー)が無い状態はとても不安です。

 

新人君
新人君

・資材購買・外注部門の役割と責務ってなんだろう?

・資材購買・外注部門員の行動の基準はあるのだろうか?

・優秀な資材購買・外注担当になるためにはどうすれば?

 

こんな疑問を解決します。

この記事を読んだあとには、仕事の悩みがなくなりスッキリします。

・資材購買員としての役割と責務がはっきりとわかる

・どんな姿勢で仕事に取り組むべきなのか?の悩みがなくなる

かもかもまん
かもかもまん
明日からは、迷うことなく仕事に取り組む事ができるようになりますね。

この記事を読むメリットのある方

・資材購買部員としての働き方の軸が分からなくて悩んでいる方

・これから資材購買部員を目指している方

資材調達部員がとるべき行動基準とは?│購買部長が新人の悩みを解決する

購買・資材調達の6つの役割と行動基準とは【担当者の悩みを解決!】

資材購買部は取引先、外注先に対しての会社の顔とも言える存在です。

ですが資材購買部員は明確に「こうあるべき」というモデルが少ないです。

資材購買を25年勤めているわたしが常日頃、気をつけていることは以下の3つです。

①使命感と危機感を持って仕事にあたる

②常に自分に厳しく妥協しない

③不遜な態度は厳禁

順番に解説します。

行動基準①使命感と危機感を持って仕事にあたる

第一に資材購買・外注の担当者は専任化されたプロであるべきです。

なぜなら、ものを買う人材が素人であれば高いものを買う事になるからです。

 

かもかもまん
かもかもまん
海千山千の営業マンに騙されて、高いものを買う会社は潰れてしまいますよ。

 

資材調達部門の担当者は常に「使命感」と「危機意識」を持つ人材でなければなりません。

行動基準②常に自分に厳しく妥協しない

仕事にはその役割にあった行動基準が必要です。

営業なら「顧客重視」工場の直接作業なら「3現主義」といった具合です。

では資材購買・外注部門のあなたの行動の基準は何でしょうか?

さまざまな意見があると思いますが、経験的な結論からいうと

「徹底的に厳しく・妥協しないこと」

これがモノを買う資材調達の行動基準にふさわしいでしょう。

具体的な例をあげて説明すると分かりやすいと思います。

責任に対し徹底的に厳しく妥協しない

 

厳しくというのは、社内の関係部門や取引先に借りをつくらないということです。

・納期の管理

・仕様の決定

・価格の決定

これらにおいて「きっちりとやる」ということです。

かもかもまん
かもかもまん
「納期遅れの特性要因図」を分析すると、実は納品側よりも発注側である購買部門の妥協の問題が一番大きい事がわかっています。

 

とはいえ、すべてを厳しくすることは簡単なことではありません。

購買の組織は部署として軽んじられる傾向があります。

他の部署の一部として存在している場合が多いからです。

 

かもかもまん
かもかもまん
例えば、生産管理にくっついていれば、納期優先になりがちですし、技術、工場部門とくっついていれば、適正な仕様は軽視されがちです。

 

不十分な交渉で見切り手配をすると、価格や仕様の決定がおろそかになります

本来、資材購買・外注部門の組織論的には「独立」が望ましいのです。

 

かもかもまん
かもかもまん
司法、行政、立法の「3権分立」にたとえる人もいます。

しかし、現実的には他の部署にくっつけられている。

ですから、自身で意識して弱点の補完をしていく事が大切になります

 

自分自身にも厳しく妥協しない

 

取引先には、当たり前のことを当たり前にやっていただく。

同時に、買う側も「自分自身にも厳しく」なければならないでしょう。

 

かもかもまん
かもかもまん
実務では、以下のことを徹底すれば大丈夫です。

・約束は守ってもらう

・守れない約束をしない

・破る場合は先に言っておく、先に言っていただく

 

行動基準③不遜な態度は厳禁│立場が強い=偉いではない

 

資材購買や外注管理担当者は「買う側」の立場になります。

よほど気をつけていないと相手に対して不遜な態度を取ったり横柄な態度になりがちです。

資材調達の仕事は人格と品性をたもち続ける事がとても大切になります。

 

バイヤーは常に自分に言い聞かせる必要があります。

 

かもかもまん
かもかもまん
もともと、他人の痛みが分かるいい人格を持っていたのに、資材購買の仕事を通じて品格が失われて、いやな人になっていたり、不遜な人になってはいないだろうか?

 

一生懸命に仕事に取り組んだ結果が「いやな人格の形成」なんて悲しすぎます。

仕事というのは、自分を成長させてくれるものでなければなりません。

 

資材調達部員の重要性│強い会社はバイヤーが優秀

 

強い会社というのは、販売力が優れていると同時に例外なく資材購買部門も優秀です。

例えばトヨタは販売力・製造力・調達力が優れているので世界のトップ企業です。

 

理由は、資材調達部門が調達を通じて利益を稼ぐ部署だからです。

 

強い会社というのは「売りによる利益」よりも「買いによる利益」で他社との差をつけています。

 

利益=売り上げー原価です。

売り上げが↑・原価(支払い)が↓なら、単純に利益は最大化していきます。

 

かもかもまん
かもかもまん
資材調達担当の仕事は受け身はダメ、攻めつづけることが大切です。

 

常に現地を飛び回り、折衝を重ねて原価を下げ続けなければプロとはいえません。

≫購買・資材調達歴25年の部長が教える!原価低減活動のポイント3選

 

優秀な資材購買・外注部員になるためのヒント

 

優秀な資材購買・外注部員になるためには、付加価値を生まないムダを見抜く目を養う事が大切です。

企業におけるムダには「7つのムダ」があります。

かもかもまん
かもかもまん
モノを買う立場の人なら暗記必須ですよ!覚え方は ①ツ②テン③ウン④カ⑤ザイ⑥ドウ⑦フ です。

 

①作りすぎの無駄

②手待ちのムダ

③運搬のムダ

④加工のムダ

⑤在庫のムダ

⑥動作のムダ

⑦不良のムダ

一般に「ソウ」という文字が付くものには無駄が多いといわれてきました。

 

かもかもまん
かもかもまん
たとえば、塗装・輸送・包装 などです。

自分の会社で「ムダ」がないか?よく見てみてみるといいですね。

 

まとめ

購買・外注部門の役割と責務とは何か【資材調達部員の悩みを解決!】

資材調達の担当者はどんな基準で業務に取り組むべきなのか?

資材調達の役割と行動基準は以下にまとめられます。

資材購買の役割はQCDの最適化

購買・資材調達の役割とは、良い品質の物を、適切なタイミングで、適正な価格で調達すること

資材購買の行動基準は「使命感」「危機意識」「謙虚さ」

資材購買の責務とは

・常に「使命感」と「危機意識」をもつ

・徹底的に厳しく・妥協しないこと

・ただし、人間としての人格と品格を保ち続ける

強い企業において優秀な購買部門は必須です。

  • 海外の企業との競争に勝たなければならない
  • 価格は製造企業ではなく市場で決まる

こんな環境になってきているからです。

 

かもかもまん
かもかもまん
企業同士の利益の差は営業部門による「売りの利益」というよりは、むしろ購買による「買いの利益」で決まります。

 

あなたが優秀な資材購買・外注管理部員に成長することで、企業の業績が上がり、従業員の給料が上がります。

ですから、資材購買・外注管理の仕事は企業の中で最重要です。

 

かもかもまん
かもかもまん
役割と行動基準が明確になったら、あとは自身のスキルアップをしていきましょう。

 

今回書ききれなかった、価格交渉のやり方や、コスト算出のテクニックも記事で書いています。

資材調達部員が値上げ要請を受けた時の対応策【6ステップで解決する】
調達購買部員が値上げを受けた時の対応│6ステップで解決できる!値上げ要請を受けて一人で悩んでしまっていませんか? 調達調達部門は様々な理由で値上げ交渉を受けることがあります。 デフレや好...
購買・資材調達歴25年の部長が教える!原価低減活動のポイント3選
購買原価低減活動のポイント3選│資材調達歴25年の部長が教える!購買・資材部門で働いていると「原低」という言葉をよく耳にするようになります。 「原低」とは、原価低減活動のことです。 原価低...
コンプラ注意!現役資材調達バイヤーが最大値引きを引きだす交渉術
コンプラ注意!現役資材調達バイヤーが最大値引きを引きだす交渉術交渉ごとは何事も最後の仕上げが大切といわれています。 例えば、あなたがプライベートで何か交渉をしたとき、例えば家電量販店でテレビや...
現役の購買調達部員が教える価格交渉の説得力が上がる会話テクニック
現役の購買部長が教える│価格交渉の説得力を上げるテクニック10選価格交渉の説得力を上げるテクニックを知りたくありませんか? この記事では「現役の資材調達部長が使っている交渉のテクニック10選」を...

今回は以上です。