副業スキル

ライター副業で月20万円稼ぐノウハウ│記事作成のコツも例文で解説

 

ライターで稼ぎたい人
ライターで稼ぎたい人
ライターの仕事でもっと稼ぐにはどうしたらいいんだろう?

 

この記事ではライターとして20万円以上稼ぎたい方の悩みを解決します。

ぼく自身はもともと「パチプロ必勝法」という雑誌でライターをしており、学生時代からライター業で稼いでいました。

社会人になってからは書籍の寄稿の経験もあります。≫詳しくはプロフィールにて。

WEBライティングとの違いに苦しんでいましが、試行錯誤しながら徐々に上達。

WEBライティングのコツもつかんできましたので、雑誌ライターとの違いなども併せて解説できれば、みなさんの参考になると思います。

ライターで月20万円稼ぐボクのノウハウ│記事作成の上達方法も解説

 

結論:20万以上稼ぐようになりたければ、できるだけ受注しましょう。

 

というのも、ライターの収入は『文字数×単価』で決まります。

収入を上げたいなら、答えはシンプルに次の2つの最大化です。

 

①文字数を増やす

②文字単価を上げる

 

文字単価を上げるには?

文字単価を上げるには2つしかないですよね。

 

①交渉する

②文字単価の高い案件を受注する

 

これを実行するには、自分のスキルを上げていくしかありません。

実力がなければ単価交渉しても嫌がられるだけですし、文字単価の高い案件も受注できません。

 

やるべきことは「書きまくる」ことだけ

 

結局のところ、収入を上げるためにするべきことは書きまくることだけだったりします。

案件を大量にこなす→文字数が上がる→スキルアップして単価が上がる

このステップが基本であり唯一の方法です。

 

案件の目安は1日5記事です。

初心者は文字単価0.8円の案件を1日5記事を書きましょう。

1記事=3000文字程度なので、日給12,000円稼げます。

12,000円×20日=22万円です。

なお、このまま単価を0.8円⇒1.0円にあげることができれば月収は30万円です。

 

30万円稼ぐハードルはとても低い

「サグーライティングプラチナ」というサービスに登録できると高単価案件を受注することができます。

「サグーライティングプラチナ」の案件はすべて1文字1円以上の案件ですので登録さえできれば、月収30万円達成ですね。

登録するには、テストを通過する必要がありますが、何度落ちてもチャレンジを続ければ問題なしです。

まずはテストを受けてみるといいですよ。

クラウドワークス日本最大級のクラウドソーシングサイトです
ランサーズこちらも定番のクラウドソーシングです
サグーワークス ライティング案件に特化したクラウドソーシングです

サグーワークスのテストに通るためポイントも解説します。

少しの気づきで身に付けられます。

稼げるライターの文章術

 

稼げるライターの文章とは?

 

・論理的に構成されており

・わかりやすい文章

 

「え~やっぱり特殊な才能が必要なの?」と思うかもしれませんが大丈夫です。

論理的にわかりやすい文章を書くにはコツがあり、その点も解説します。

 

いいライティングには型がある

ライティングには型があり、みんなそのまま書いているだけだったりします。

つまり「知っているか知っていないか?」の差だけですね。

ボクも実際にやっている作業はこれだけですので、知っていれば誰でライティング技術は習得可能。

 

ライティングの型を作る方法

型を作るには以下の2点のことを抑えておけば完璧です。

 

①誰に何を伝えたいのか(想定読者)

②どのように伝えるのか(文章構成)

 

想定読者は、誰に伝えるか?

この部分があいまいだと、読者にとって全く刺さらない文章になってしまいます。

刺さらない文章は、家電の説明書と同じで、誰が書いても同じというか価値のない文章と同じですよね。

なので想定読者は大事なのですが、基本的には「過去の自分」もしくは「親しい友人」でOKですよ。

 

文章構成=型

次に文章構成ですが、この部分が「型」になります。

文章の型は決まりがあるので、その通りに書いておけば論理的な文章が出来上がります。

・結論

・結論の根拠

・具体例

・よくある質問の回答(省略可)

・結論の繰り返し

この型のことをPREP法といいいます。

PREP法では最初に結論を述べ、最後にまとめとしてもう一度結論を述べる構成となっているため、話をすっと理解しやすいのが特徴です。

P:結論(Point)

R:理由(Reason)

E:例(Example)

P:結論(Point)

 

文章例

 

例として、本場名古屋に旅行するパチ吉くんに向けた文章を書いてみましょうか。

パチ吉君は本場名古屋の熱いパチンコ屋さんの情報を知りたい田舎の学生です。

・想定読者のパチ吉くんに向けて

・名古屋では「ボッタクリ」というグループのお店が熱いことを伝える

・なぜなら「ボッタクリグループ」は最近激戦地域に出店を増やしているグループだから

・熱いお店というのは競争状態にある地域であることが多いです

・例えば、スーパーやラーメン店も競合状態にある方がサービスがいいことが多いですよね

・なので密集地に立地している「ボッタクリグループのお店」が熱いです

 

こんな感じでおおまかに箇条書きで目次のようなものを作ります。

あとは細かい情報を肉付けしていけば2000~3000文字はすぐに書けますよ。

 

注意点:雑誌のライターとWEBライターは違う

 

雑誌のライターの場合は個性が必要だったりします。

上記のPREP法も使わないし、結論も最初に持ってくることもしません。

理由は、文章の目的が違うからですね。

エンタメの要素が強いというか、知識を得るというよりは最後まで面白く読んでもらうことの方が目的なので、結論は最後に持っていくことが多いです。

いわゆる起承転結で書き進める人が多いですね。

起:事実や出来事を始める

承:解説や問題提起をする

転:起・承とは関連のない事柄を持ち出す

結:全体を関連づけて結論を述べる

最初に導入から始まって、途中で関係のなさそうな事柄を持ち出しクッションを入れ、結論やオチは最後っていうパターン。

例えば、ボクがパチンコライター時代に書いていた文書はこんな感じになります。

 

オッス!おらマナブっす!

今日は名古屋で一押しの熱いパチンコ店を紹介するぜ!

どれくらい熱いかっていうと。そりゃあもう、あれですよ、「映画ファブル」で岡田君が食べてた焼き魚くらい熱いって話。(いやあれ熱くないだろ?)

まあ、そんな話は置いといて、その店っていうのがさ、、、

 

こんな感じです

無駄が多いというか、結論は大したことでなくても面白く引き込んでいくような文章が求められます。

ちなみにこんな文章でも編集長がOKならOKでして、1ページで3~5万円もらえていました。

補足 アフィリエイトの場合はセールスを加えることがある

 

ライティング案件ではセールスの要素を加える必要がないですが、自分でサイトを作って収益化する場合は、セールスの文書を追加します。

セールス=行動を促すこと

物が売れる時は人が行動する時です。

わかりやすいのは「モノを買う」「移動する」とき。

移動するときには、電車に乗ったり、ホテルを予約したりと「何かを買う」という行動が生まれますよね。

先ほどの文書に加えるとこうなります。(サイト登録が有料の場合)

 

パチ吉君は本場名古屋の熱いパチンコ屋さんの情報を知りたい田舎の学生です。

・想定読者のパチ吉くんに向けて

・名古屋では「ボッタクリ」というグループのお店が熱いことを伝える

・なぜなら「ボッタクリグループ」は最近激戦地域に出店を増やしているグループだから

・熱いお店というのは競争状態にある地域であることが多いです

・例えば、スーパーやラーメン店も競合状態にある方がサービスがいいことが多いですよね

・なので密集地に立地している「ボッタクリグループのお店」が熱いです

・出店地域は「Pワールド」というサイトに登録すると調べることができます。

・Pワールドはスマホに連携して一番近いお店を自動で探してくますので便利です

・ちなみに登録は無料です ⇒ 登録はこちら(リンクを置いておく)

 

赤文字の部分がセールスで追加した文章です。

最後にサイトを紹介して登録の行動を促すだけなので難しくはないですよね。

とはいえ、これだけで行動してくれるほど読者は甘くないです。

自分に置き換えて考えればわかりますが、読者は基本臆病なもの。

専門的に言うと「3つのNOT」という有名な言葉があります。

読者は、あなたの文章を「読まない」「信じない」「行動しない」

 

事実、この記事を一字一句読む人もいないし、読んでも行動しない人が大半だと思います。

なので、モノを買ってもらうには、さらに以下のどちらかの作業が必要です。

①不安を取り除く

②購入しなければ不安な気持ちにさせる

そのために必要なスキルがセールスライティングや心理学の知識です。

「うわっ!ソコまで勉強するの無理だわ!」

たぶんこう思いますよね?

でも大丈夫です。

ライティングに限らずですが「勉強してから挑戦する」では間に合っていなくて、結論は「セールスライティングは稼ぎながら身に付けましょう」が正解です

 

というわけで、ココまでがセールスライティングの実演なので、次に商品のリンクを張っていくわけですが、WEBで稼いでいるライターなら、必ず読んでいる3冊を紹介します。

本で学習しつつ案件をこなしていけば実力はついてくるので、問題なしですね。

セールスライティング・ハンドブック

アメリカの有名なセールスライティングの本です。

ライティングで稼ぐ仕組みや、稼ぐことに必要なマインドが習得できます。

人を操る禁断の文章術

メンタリストのノウハウが書かれた本です。

心理学に基づいたライティングテクニックが学べます。

ネットで「女性」に売る

 

例えば男性がイメージするピンクと女性がイメージするピンクの違いがわかりますか?

わからないな人は読んだ方がいいですね。

最後に│ライターは時間労働

爆速で年収をアップしたいなら、以下のコンボが最強です。

 

文字単価をあげる→ライターで稼ぎつつ勉強⇒ライティング技術でさらに稼ぐ

 

この手順で行動を続ければ、月収100万とかも目指せると思います。

とはいえ、現在のわたしはライター収入を伸ばす行動をしていません。

というのも、ライターも結局は時間労働なんですよね。

 

時間労働=自分が働いた分だけお金がもらえる仕事

 

カラダを壊したり、家族の介護など、時間が使えない可能性はいつでもあります。

ちなみに、これは若い過去の自分が「パチプロ」や「ライター」という仕事を辞めた理由でもあります。

 

なので、もしも「文章を書く事が好き」とかなら、将来不労所得になる「自分の商品」を少しづつ作っていくことも、最後におすすめしておきます。

・自分で小説を書く

・ライターで稼いでノウハウ本を書く

・ライター向けのyoutube動画を残しておく

 

最初は誰にも見られないし、読まれないかもしれません。

でも何かのタイミングで認知されれば、不労所得になる「可能性」は残ります。

 

たとえばアンパンの作者の「やなせたかしさん」がブレイクしたのは40歳も後半になってからですし、ピカソの絵は亡くなった後で認められました。

 

よく、ライターのスキルがあればやり直せるので無駄にならないという意見がありますが、時間がいつまでも有限という前提つきですよね。

 

誰でも年を取って老いますし、現実社会は厳しいです、、

 

ライターとしてのスキルと年収を上げつつ、セットで自分の商品を作る道がベスト。

そんなマインドで行動していくと、人生が徐々に変わります。

行動の第一歩はクラウドワークスに登録して案件を受注することですよ。

「明日やろう!はバカヤロウ!」です。今すぐ登録しちゃいましょう。

クラウドワークス日本最大級のクラウドソーシングサイトです
ランサーズこちらも定番のクラウドソーシングです
サグーワークス ライティング案件に特化したクラウドソーシングです

では今回は以上です。