馬券の買い方

単勝馬券で安定して稼ぐ方法は3つある【基本から始めて応用すべき】

馬連や3連複や3連単馬券は当たったときの配当が大きいので人気の馬券ですが、単勝馬券を好んで買う人は少ないように思います。

確かに連系の馬券が的中すると配当が大きいので、自分が王様になったような何とも言えない優越感がありますが、一つ疑問があります。

それは「気持ちいいだけで、はたして稼げているのかい?」ということ。

実際稼いでいる人もいるのかもしれませんが、大多数の人は負けているのではないでしょうか?

一方、わたしは好んで単勝馬券を買うタイプですが、例えば単勝2倍の馬を1開催に2回だけ的中して2万円稼ぎますよね。

それを4週続けるだけで、月に8~10万円を稼ぐ事ができちゃいます。

もし8~10万円で不足なら、掛金を1万円から上げていけばいいだけの話。

これがわたしが競馬で稼ぐことができているすべて、といってもいいぐらいです。

連系の馬券を買っているのにもかかわらず、「稼ぎたい」といっている人の思考はほんとうに理解できませんな・・・

(うそです、過去のわたしもそうだったのです・・・)

とはいえ、単勝をただ買っているだけで、簡単に競馬で儲けられるわけもなく、ちょっとしたコツがあることも事実。

今回は、そんな単勝で稼ぐためのコツについて、いくつか書いていこうと思います。

単勝馬券で安定して稼ぐ方法は3つある【基本から始めて応用すべき】

単勝馬券で安定して稼ぐ方法は3つある【基本から始めて応用すべき】

単勝は競馬を予想する基本とも言える馬券です。

「レースで1着になる馬を予想する」だけなので、考えるポイントもシンプルですね。

とはいえ、テキトーに勝っても単勝馬券は当たりません。特にお金を稼ぐ目的で単勝を買うのであれば、3つのポイントに気をつけるだけでグッと勝率が上がるはずです。

・単勝馬券は1点で買う

・単勝馬券は1番人気の見極めがすべて

・単勝5番人気以下は買わない

順番に解説します。

単勝馬券は一点で買う

単勝は1点で買うものというのが常識だと思っていましたが、中には多数頭買う方もおられるようです。

圧倒的な1番人気が1.2倍とかで、他の馬のオッズが美味しい場合なら、多数頭買いもあるかもしれませんが、単勝は1点で買うのがセオリーです。

なぜなら1着になる馬は1頭しかいないからです。何頭にもかけていたら、その分期待値が下がりますからね。

それに、単勝は単純に当てやすい馬券ですから、買い目を増やす必要がありません。

買い目を増やすのは、確率が低い3連複や馬連の券種のときにするほうが効率的ですよ。

例えばフルゲート(18頭立て)のレースの場合

馬連 :153通り
三連複:816通り
三連単:4896通り

これだけの中から1つの的中馬券を買わなければなりませんが、単勝なら18通りしかありません。つまり「1/18で的中する馬券」ということ。

1/18のものを何頭もかけるぐらいなら、馬連のboxを買ったほうが理にかなっています。(まだマシという意味ですので、やっちゃダメですよ・・・)

とはいえ、どうしても多点買いしたいレースがあることもあるでしょう。

そんなときは、2点までと決めて購入すること。

もし、3頭以上単勝を買わないと当たる可能性が低いと感じる場合は、そのレースは単勝で買ってはいけないレースのため潔く見送って別のレースを探すようにしましょう。

単勝は1着になる馬を当てればいいだけなので、レース選択も簡単です。

その日に行われるレースの馬柱や、能力表をみて強い馬が1~2頭に絞れたレースだけ検討すれば良いので、競馬だけに時間を使いたくない人や、土日忙しく過ごされている方でも、比較的簡単に取り組むことができますよね。

逆に言うと「1着になりそうな馬で悩んでしまう」ようなレースには手を出してはいけないというコトですよ!

単勝で稼ぐ競馬のイメージは

  1. 各レースを比較して最も1着が予想しやすいレースを選ぶ
  2. オッズ的にOKなら単勝1点買いで勝負
  3. 的中したら競馬は終了

こんな感じです。

的中したら「さっさと勝ち逃げ」というのが単勝でお金を稼ぐ基本戦略になります。

単勝メインで馬券を買うというのは「稼ぐため」にしている行為ですから、「稼ぐ」ことに特化しなければ勝てません。

メディアやSNSに露出している人たちを見ていると「派手に3連単で大勝ち!」というのが競馬で稼ぐイメージかもしれませんが、現実はまったく異なります。

安定した利益を出すのであれば、単勝や複勝の方が絶対的に稼ぎやすいです。

なぜなら、単勝の方が予想が簡単で、なおかつ「控除率」が単勝の方が優遇されていますからです。

控除率とは?

払い戻しの時に主催者が運営費として先に天引きする金額の割合のこと。

いわゆる「テラ銭」です。

競馬の場合、単勝や複勝が最も低く、三連単やWIN5は高く設定されています。

 

具体手にどういうことか?といえば、三連単を的中させるよりも単勝を的中させた方が払い戻しの割合が多いってこと。

ただでさえ、競馬はパチンコなどに比べて控除率が高いのに、その中でもさらに高い控除率の券種をわざわざメインに買うのはバカらしいですよ。

単勝馬券は1番人気の見極めがすべて

単勝馬券で勝負する場合、真っ先に大事なのは『1番人気の馬』の見極めです。

なぜなら、単勝で勝負するレベルの人なら買いたい馬は大体の場合、1番人気になっているはずですからね。

本当に競馬がうまい人なら、穴馬の単勝をズバズバ当てちゃうのでしょうが、それなら単勝で勝負する必要がなく、複勝やワイドのほうが安定的に効率よく稼げます。

なので、ほとんどの場合1番人気が1着になるのか?を判断する事になるのですが、実際にやってみるとかなり難しいことは知っていますよね?

データでは1番人気の勝率は33%前後しかありません。

つまり、1番人気を買っていても3回に2回は外れるってことです。

わたしは、指数系のデータも持っていますが、コチラはさらにひどくて25%前後に落ち着きます。

指数系で勝負しても、4回に3回は外れてしまいます。

単勝で勝負した事がある人なら分かると思いますが、実際に購入して的中できるオッズというのは、1・5倍~2・3倍くらいの馬になる事が多いんですよね。

実際に下の表を見てもらえば感覚がつかめるでしょう。

■表2 単勝オッズ別成績

単オッズ
着別度数
勝率
連対率
3着内率
1.0~1.4
69-   17-    8-    6/  100
69.0%
86.0%
94.0%
1.5~1.9
267-  124-   97-  167/  655
40.8%
59.7%
74.5%
2.0~2.9
660-  413-  278-  727/ 2078
31.8%
51.6%
65.0%
3.0~3.9
642-  532-  377- 1308/ 2859
22.5%
41.1%
54.2%
4.0~4.9
525-  461-  412- 1541/ 2939
17.9%
33.5%
47.6%
5.0~6.9
718-  722-  635- 3128/ 5203
13.8%
27.7%
39.9%
7.0~9.9
591-  638-  620- 3895/ 5744
10.3%
21.4%
32.2%
10.0~14.9
509-  613-  638- 5305/ 7065
7.2%
15.9%
24.9%
15.0~19.9
263-  357-  471- 4236/ 5327
4.9%
11.6%
20.5%
20.0~29.9
239-  366-  438- 6144/ 7187
3.3%
8.4%
14.5%
30.0~49.9
163-  275-  410- 7653/ 8501
1.9%
5.2%
10.0%
50.0~99.9
108-  198-  292- 8983/ 9581
1.1%
3.2%
6.2%
100.0~
31-   61-  107-10607/10806
0.3%
0.9%
1.8%

 

3回に1回しか当たらないのに、当たっても1.5~2.3倍ということは、普通に買っていたらマイナスしてしまうわけです。

かといって、3・3倍以上の単勝だけを買っていればプラスになるわけでもありませんよ。その分、的中率が33%よりも下がっていきますからね。

なので、単勝馬券で稼ごうとするなら「単勝で稼ぐのは難しい」という意識は絶対に持っておくべきです。

少しでも気を抜いて、気ままに馬券を買っていると、午前だけであっという間に5万円くらいは負けてしまいますからね。

単勝馬券といって舐めないで、気を引き締めて勝負することをお勧めします。

では、「1番人気が1着になるか」を見極めるにはどうすればいいのでしょうか。

わたしの場合、以下の点をチェックしています。

・なぜその馬が一番人気なのか?

・そのレースでその馬に勝つ可能性がある馬が何頭いるのか?

・当日のオッズはどれぐらいなのか?

・2番人気の複勝との期待値の差はどれくらいか?

1番人気になっているということは、馬券を買っている人の多くは「この馬が1着に来る」と予想しているわけです。

では、その予想の根拠がどこにあるのか?を探すのです。

  • 騎手人気なんじゃないのか?
  • 血統や馬の値段で人気になっているのではないのか?
  • 前走でたまたま圧勝しただけではないのか?
  • 調教が良かっただけではないのか?
  • 競馬関係者は1番人気に対してどうコメントしているのか?

などなど。ポイントとなる項目は無数にあります。

大事なことは、

自分が一番信頼できるポイントを身につけて、そのポイントを満たしたときだけ大きく勝負する

ということです。

わたしは、これをフォームといっていますが、自分のフォームを作る事ができれば、単勝で安定した的中率を出すことができるようになります。

まずは、100円とか1000円で練習しつつ、勝率が高くなってきたら3000円→1万円と勝負の金額を増やしていけばいいだけです。

この手順なら、わりとリスクを抑えながら競馬で稼ぐコツがつかめるのでお勧めです。

単勝5番人気以下は買わない

下の表は、JRA-VANで集計されたデータを引用していますが、この表を見てもらえばわかる通り、4番人気までで全体の70.8%を占めています。

とすれば、的中できる可能性があるのは4番人気までではないでしょうか。

■人気別成績(06~11.04.24、平地特別戦)

※平場勝率は、同期間における平地平場競走の勝率

人気
着別度数
勝率
連対率
3着内率
平均単オッズ
※平場勝率
1番人気
1383-  857-  628- 1908/ 4776
29.0%
46.9%
60.1%
2.9
33.1%
2番人気
864-  769-  639- 2504/ 4776
18.1%
34.2%
47.6%
4.7
19.5%
3番人気
643-  707-  575- 2851/ 4776
13.5%
28.3%
40.3%
6.5
13.8%
4番人気
485-  512-  537- 3243/ 4777
10.2%
20.9%
32.1%
9.0
9.2%
5番人気
360-  466-  483- 3466/ 4775
7.5%
17.3%
27.4%
12.3
6.9%
6番人気
280-  349-  416- 3731/ 4776
5.9%
13.2%
21.9%
16.4
5.4%
7番人気
216-  281-  350- 3914/ 4761
4.5%
10.4%
17.8%
22.2
3.6%
8番人気
156-  220-  291- 4067/ 4734
3.3%
7.9%
14.1%
30.6
2.7%
9番人気
126-  171-  231- 4119/ 4647
2.7%
6.4%
11.4%
41.1
1.9%
10番人気
72-  126-  195- 4082/ 4475
1.6%
4.4%
8.8%
53.8
1.5%
11~人気
200-  319-  438-19815/20772
1.0%
2.5%
4.6%
125.2
0.6%

※JRA-VAN「人気別の成績を再確認する」から引用

5番人気以降になると勝率が1桁になっています。さすがに勝率1桁の馬を予想するのは危険なため単勝買いするのであれば4番人気以上から選ぶようにするべきだということがわかります。

逆に、あえて1番人気の馬が飛びそうなレースを狙って2~4番人気の3頭の中から2頭探すのも、戦略としてはアリかもしれません。

このあたりは、合成オッズと期待値、あとは個人の趣向によるところが大きいので、1番人気に1点買いするのか、それ以外の馬で高配当を狙うのかは人それぞれです。

参考に紹介しますが、知り合いのなかには、機械的に単勝4点買いする馬券術をしている人もいます。

その方法は『2~5番人気を単勝で4点買い』です。

1着が飛べば2~5番人気のいずれかの馬が1着になる可能性が高いため、全部買ってしまって的中率を上げよう!という戦法ですね。

この方法のメリットは、1着が飛びそうなレースが見つけられればいいので

・分析にかける時間や手間が少ない

・荒れるレースが当てられて気持ちがいい

・SNSで自慢できる

ちょっと理解できないですが、あえて荒れそうなレースに狙いを絞って買いたい人もいるようです・・・。

わたしなら、この方法のデメリットのほうがイヤですね。

・オッズが4倍未満だった場合トリガミとなる可能性がある

・レースが荒れすぎて6番人気以下の馬が1着なら、全部外れる

・別に自慢したくないし、ひっそりと勝ちたい

単勝の配当が物足りないのであれば、わたしなら、他の券種と組み合わせることで配当upを狙っていきます。

その方法を次に書いていきましょうか。

単勝に組み合わせる基本馬券は馬連と複勝

単勝は多点買いには向かない馬券種ですが、他の券種と組み合わせることで多点買いを表現できます。

配当をアップさせたいなら、次の方法があります。

例えば単勝と馬連を組み合わせて買う場合

『軸馬-流し』で馬連を買う
『軸馬』を単勝で買う

この方法なら、単勝と馬連のダブル的中も期待できますし、単勝が外れても、2着までに入れば、馬連の的中の可能性が残ります。

いま、ダブル的中の妄想で、「よし!これや!」と思ったあなた!

大事なことをお伝えしておきます。

たしかに、この買い方は1レースで利益を一気に膨らませることができます。

しかし、単勝だけ的中して馬連がはずれると馬連を買った分だけ回収率が下がってしまいます。

下手をするとトリガミとなり、それを避けるために「単勝に厚く張って」ということをしがちです。

それって、今までの負け組の買い方とまったく同じですからね。気をつけましょう。

では、どうすればいいのか?単勝と他の馬券種を組み合わせるなら、

「単勝がはずれても的中する状態」に馬券を組まなければなりません。

その条件を満たす馬券種は「複勝」「ワイド」「枠連」「三連複」の4つになります。

そして、稼ぐということに特化した場合、使える馬券は『複勝』と『ワイド』です。

例えば、単勝+複勝の組み合わせの場合は、両方とも単式馬券です。

『軸馬』を単勝で買う
『軸馬』を複勝で買う

どちらも「1着になる馬はどれか?」を基準に選べます。

このときには、当たり前ですが単勝も複勝も同じ馬を選ぶこと。そうすれば1着になればダブル的中になりますし、もし少し考えがずれても3着以内に入れば複勝が的中となります。

単複で稼ぐ方法は過去にも紹介しています。

次に、単勝+ワイドの組み合わせで買う場合。

『軸馬-流し』でワイドを買う
『軸馬』を単勝で買う

ワイド馬券であれば仮に単勝がはずれても的中する可能性はあります。配当も複勝に比べて期待ができるので「これはいい!これやな!」と思ったあなた!

1着を予想する「単勝」と3着以内に来る馬を2頭予想する「ワイド」の組み合わせには、ある「矛盾」がある事にお気づきでしょうか?

単式の複勝と違って、ワイドは連式馬券です。

連式馬券というのは、馬連と同じで“ヒモ馬”も探さないといけないうえに、1着に来る馬を探さなくてもワイドは的中します。

ならば、期待値的には『単勝馬券だけ』『ワイドだけ』で考えて馬券を買った方が結果的に的中率も回収率も安定します。

つまり、単勝とワイドはいい馬券!と思っているうちは、まだまだ負け組の思考が残っているっていうこと・・・。精進しましょう。

期待値を重視した馬券戦略では、どうしてもワイドを買うときは軸馬が2頭いるときです。

そのときに使う買い方が「ワイド」もしくは「3連複の2頭軸全頭流し」という事になりますよ。

ワイドだけの馬券戦略もしっかり書いていますので、ワイド馬券や3連複が好きな人は参考にどうぞ。

稼げない理由は、意外にシンプルなので、少しの気付きで劇的に稼げるようになりますからね、

まとめ

ここまで、単勝馬券で稼ぐための3つのポイントと、稼ぎを上乗せするための組み合わせ馬券について説明してきました。

今回は、データを載せて解説しましたので、単勝のイメージも変わったのではないでしょうか?

単勝馬券は一見簡単そうに見えますが、意外に的中率が低かったり、的中したときのオッズも期待したほどではなかったかもしれません。

なかには3連単とか馬連のほうが効率よさそう・・・なんて思った人もいるかもれませんね。

ですが、単勝馬券で的中するのが難しいように、3連単や馬連を的中するのはさらに、もっと難しいですからね!

馬連や三連単中心に競馬で取り組んでいるものの、ぜんぜん稼げないなら、いったん単勝馬券に取り組んでみるといいかもしれません。

「1着に来る馬を予想する」という競馬予想の初心に戻ってみると、競馬で稼ぐ仕組みというか、コツのようなものがつかめるかもしれませんよ。

競馬で稼げる人とそうでない人というのは、競馬のテクニックよりも、競馬というギャンブルの本質や馬券種の構成を知らないだけという事が多いと思っています。

単勝馬券は「お金を稼ぐこと」に特化した場合、かなりオススメできる馬券種ですが、単勝で稼ぐことも、それなりに簡単ではないので、一度は研究しておいて損はありません。

このサイトでは競馬で稼いでいく力を身につけるヒントを実体験を通じて紹介しています。

この記事を通じて、稼ぐ力を一から学ぶきっかけにしてもらえばうれしいですね。

競馬で稼ぐ事ができるようになると、仕事やお金の心配をしなくてもいいので、人生の悩みをひとつ消去することができます。

ひとりでも多くの方に読んでいただき、馬券ライフを満喫してもらいたいと思っています。

今回は以上になります。

パチンコや競馬収入だけでは幸せになれない

パチンコがいくらうまくても、競馬でいくら稼いだとしても、世間から見ればニートです。

カラダを壊したらおしまいだし「世の中に何も貢献していない」という想いを背負って生き続けるのもつらいですよ。

だから、わたしはパチンコや競馬で稼いだお金の一部を投資に回すことをオススメしています。

勝負師としての感覚は投資の世界で超有利です。

世間はサラリーマン脳であふれているから、少しお金の勉強をすれば、投資の勝負でも軽く数千万の資産を築けますよ。

なにより「投資家」という肩書きであれば、職業欄に「無職」と書かなくて済みますし、税金を払って生活しているから、世間からも許されるでしょう。

ボクの主戦場である仮想通貨投資の方法は以下のブログで発信していますから、興味のある方は是非コチラの世界にも挑戦してみて下さい。

CryptでFIREできるかな?

↑パチプロが仮想通貨投資をはじめて、資産家になったノウハウを詰め込みました。