馬券の買い方

馬券の悩みはこれで解決!買い方のミスをなくして回収率を高める方法

競馬初心者のうちは、馬券で悔しい思いをした事があると思います。予想は当たってたのに買い方を間違えて稼げないばかりか、配当がゼロになることすらありますよね。

例えばこんな経験は無いでしょうか?

 

・予想は完璧だったのに買い方を間違えた!

・ワイドだったら当たってたのに!

・3連複なら獲れてたのに!

 

あなたが競馬の初心者ならこんな事があっても良いかもしれません。

でも、実は競馬を何年も続けている人でも、いつまでも同じ繰り返しをしている事が多いんですよね。

スポーツや勉強であれば長く続けていれば、徐々にうまくなっていくものですが、馬券の買い方はそうではないようです。

わたしはプロなので、当然競馬で勝っているわけですが、予想の能力はそんなに高くないと思います。

しょせんは馬の走ることなので、予想といってもたかが知れてますからね。

では、なぜ同じぐらいの予想でも勝つ人と負ける人ができるのでしょうか?

それは、みんなより少しだけ券の買い方が上手なだけではないか?

こんな風に感じています。

今回は、どうしたらミスのない買い方ができるようになるのか?

をテーマに、わたしの買い方をすべて公開したいと思います。

【この記事を読むメリット】

・シンプルに馬券の買い方の仕組みがわかります

・今までの悩みがスーッとなくなっているでしょう

・予想をお金に変える事ができるようになります

もし、いままで予想はあっていたのに、馬券の買い方で配当を取り逃した経験があるなら

この記事を読んだ後には競馬の収支がアップしますね!

馬券の悩みはこれで解決!買い方のミスをなくして回収率を高める方法

馬券の回収率を劇的に高める方法は、極論すると次の2つの事に気をつけるだけです。

1、自分の予想を買い目に反映させる

2、自分の予想が少しずれたときにも回収できるようにしておく

何打そんなことかと思うかもしれないですが、実際にほとんどの人がこれができていませんよ。

だから負け続けるんです。

少し厳しいようですが、競馬で負けている人ほど、競馬が終わるといつも同じコトを言っていますよね。

  • 「馬連じゃなくてワイドも買っておけば当たってた!」
  • 「単勝じゃなくて副将にしておけば当たってた!」

たぶんですが、こういう人は一生同じコトをいい続ける気がします。

というのも、これらの言葉は反省ではなくて結果論の愚痴だからです。

他のスポーツでもなんでも、結果を反省して改善しなければ進歩しませんからね。

馬券の買い方でいつになってもミスするのは、結果論ばかりで反省と改善をしていないからです。

逆に言えば、買い目のことまで考えて馬券を購入している人が少ないので、すこし知識をつけるだけで、馬券の回収率は簡単に上乗せすることができますよ。

1、自分の予想を買い目に反映させる

馬券を買うときには、馬券に絡みそうな馬を選んでいるはずです。

ではその馬が何着に入る馬なのか、そこまで考えて馬券購入しているでしょうか?

例えば、あなたがある穴馬を見つけたとします。

その穴馬を軸に馬券を購入するとして1頭軸の3連複流しをする人が多いのではないでしょうか?

そして、その穴馬が1着、人気馬が2着、3着には未購入の馬が来たとします。

そんなときに

  • 「うわー!馬単なら結構ついてるからかってれおけばよかった、、」
  • 「あれ?単勝が50倍もついてる!勝っておけば大怪我しなかったのに、、」
  • 「3連複の紐抜けしてるから払い戻しゼロになっちゃたよ!馬連にしておけば!」

こんな事になりがちです。

これが予想はあっているのに馬券がミスしている例です。

もしあなたが、この穴馬を「3着どまりかな?」と考えて購入していたのなら、仕方の無いはずれかもしれません。

でも「1着まであるぞ」という目で選んでいたなら、[単勝」を考えていない時点で、予想を買い目に反映できていない事になりますよね。

なによりメインの馬券が「3連複」という時点で、一か八かのギャンブルの要素が強すぎるようです。

じつは馬券のうまい人というのは、自分の選んだ馬が何着想定なのか?も考えて馬券を組み立てています。

うまい人なら、この場合「単勝」「馬単」は最低限購入しているでしょうね。

自分が選んだ馬が「1着まであるという意思」を馬券に反映させているということです。

さらに、この場合は「馬連」に加えて「複勝」か「人気馬との2頭軸で3連複全流し」をかけているはずです。

2、自分の予想が少しずれたときにも回収できるようにしておく

馬券がうまい人は、自分の予想が少しずれたときにも、資金を回収できるように馬券を組み立てます。

たとえば先ほどの例では「馬連」と「複勝」か「人気馬との2頭軸で3連複全流し」の馬券がそれにあたります。

もし軸の穴馬が1着にとどかなかった場合を想定して、馬券を買っておくわけです。

もし軸の穴馬が2着なら「単勝」と「馬単」は外しますが「馬連」と「複勝」もしくは「3連複」が的中します。

このとき、わたしの場合「複勝」よりも「穴馬」と「人気馬」の3連複の2頭軸全頭流しを選択しますね。

なぜなら、3連複の3着にまったく想定外の馬が来た場合、本線の「単勝」や「馬単」よりも高配当になる事が多々あるからです。

実際に10番人気以下の馬が突っ込んできた場合には10万円以上の配当になることもあり、何度も経験してています。

もしかしたら、自分の予想が的中するよりも、このような想定外の保険馬券の爆発で稼げているような気がしますよ。

それぐらい予想の実力はあなたと変わらないか、もしかしたらそれ以下かもしれません。

ただ、それでも、十分稼げているんですよね。

自分の競馬予想を反映させる馬券の買い方とは?

馬券でミスをしないために気をつけることは繰り返しますが下の2点です。

1、自分の予想を買い目に反映させる

2、自分の予想が少しずれたときにも回収できるようにしておく

1の「自分の予想を買い目に反映させる」は、その考えに適した馬券を選べば解決しますが。

馬券には順が必要な馬券と、そうではない馬券があります。

軸馬が1着になりそうなのか、2着までははいりそうなのか、はたまた3着が精一杯なのか?によって買う馬券が決まってきます。

特徴対象の馬券
順番が決まっている馬券「単勝」「馬単」「3連単」
順番が決まっていない馬券「複勝」「馬連」「ワイド」「3連複」

 

一方、2の「自分の予想が少しずれたときにも回収できるようにしておく」をフォローするには2つの方法があります。

1、全頭流しをかけて馬券を購入

2、代替馬券で代用する

1:全頭流しをかけて馬券を購入

自分の軸馬が外れたら、それは予想が下手だったということで反省すれば良いだけですが、一番悔しいのが、軸馬があっているに相手が抜ける場合です。

精魂かけて選んだ軸馬があっているのに、1円にもならないのはつらいものがあります。

こんな経験を何度もしてきた結果、軸馬からの全頭流しを基本馬券にしています。

手順としては

  1. まずは軸馬からの全頭流し
  2. 追加で相手馬への流し馬券を重ね買い

この買い方に落ち着いています。

よく、競馬歴が長い人ほど、「自分の予想に自信が無いのか?」「全頭流しなんて邪道」なんて声を聞きますが、考え方が古いかな?と思います。

特に競馬歴が長くなると、予想にある程度プライドがある分、考え方を変える事が難しいようです。

じつは、突き詰めれば考え方は同じなんですよね。

違いは「未知の馬の扱いの違い」です。

絞って買う方は「未知の馬をなるべく排除したいと考え、絞れたレースに厚く張ります、一方、全頭に流すスタイルは「未知の馬が来るとおいしい」と考えます。

未知の馬を排除した予想を行うのは同じです。

ある程度相手は絞れた上で購入しており、その分は重ね買いで厚めに張ると同時に、自分の予想がずれたときの「未知の馬を拾える可能性」を捨てないという考え方ですね。

自分の考えと少しだけ違う馬がきたときに、配当をゼロにせずに、軸馬を見つけた労力分のご褒美はいただきたいと考えているだけなんですよ。

先にも書きましたが、実はこのラッキーボーナスのほうが、自分の予想が当たったときよりも配当が大きいという事実があるので侮れないんですよ!

予想がよほど上手で、狙った馬は外さないという方なら、絞った買い方でOKですが、自分はソコまで予想が上手ではないので、全流しをしています。

2:代替馬券で代用する

それでも、買い目の点数が増えて無駄な馬券を買うことに抵抗がある人もいます。

本命サイドで決まったときに

「余計な馬に10点足すくらいなら、本命に1000円足したほうが配当がよかった!」

こんなことを言い出すパターンです。

もしくは、

「お金があるからできるだけで、そんなに1レースにお金を賭けられないよ」

という方もおられるでしょう。

そんなときには、全流しではなく、代替馬券で代用する事ができます。

自分も資金が尽きて、お金が使えないときには多用していますよ。

下の表で代用馬券をまとめておきます。

代用馬券全流しの場合
単勝馬単1着固定流し・3連単1着固定流し
複勝ワイド全流し・3連複1頭軸流し・3連単1頭軸マルチ全流し
馬連馬単の裏表流し・3連単1着・2着固定全流し
ワイド3連複2頭軸全流し・3連単2頭軸マルチ全流し

表のように、馬券には相互に補える組み合わせがあり、うまく使うことで資金を抑える事ができます。

例えば、

・複勝と3連複1頭軸流しは、軸馬が3着以内に入れば的中するので同じ意味です。

・ワイドと3連複2頭軸流しも軸馬が2頭3着以内なら的中するので同じ意味です。

違いは、資金と波乱のレースになったときの配当の大きさです。

これは、リスクとリターンの関係なので分かりやすいですよね。

3連複1頭軸全流しを16頭立てで行えば、105点となり、最低10,500円かかりますが、複勝なら100円から購入ができるようになります。

そのかわり、穴馬が絡んだときでも複勝の場合、配当は期待できません。

代用馬券で金額をおさえつつ高配当を狙う方法

複勝で購入すると、穴馬が絡んだときでも配当は微増になってしまいます。

少々後悔するかもしれませんが、さすがに105点はわたしでも買いにくいです金額です。

なので、実戦では以下のような買い方で馬券購入しています。参考にしてみてください。

  1. 複勝
  2. 軸馬ともう一頭相手を決めての2頭軸3連複全頭流し

この買い方なら、金額を抑えつつ、複勝の保険と、予想が当たって3陶目に人気薄が突っ込んできたときの高配当も狙えます。

基本的に、もう一頭の相手は上位3番人気以内から選ぶと的中率が上がりますよ。

3番人気以内の馬が3着以内にくる確率は綿新実戦データでは80%を越えていますから、軸さえあっていれば、6~8割は3連複が的中できますよ。

まとめ:最後にパターン別の馬券の買い方を伝授

ここまで馬券の組み立て方にはコツがあることを説明してきました。ポイントは

1、自分の予想を買い目に反映させる

2、自分の予想が少しずれたときにも回収できるようにしておく

この2つを意識するだけで、あなたの馬券の回収率はグッとあがるでしょう。

とはいえ、このブログでは、競馬予想に時間を賭けることは奨励していません。

ましてや、買い方に悩むなんて時間のムダですよね。

なので、ここまで読んでいただいたお礼として、最後に簡単なパターン別の買い方をまとめておきます。

今回は買い方の紹介をするだけになりますが、ほかの記事で、それぞれ詳しく解説していきますので、引き続きこのブログを参考にしてみてください。

買い方一覧表

自分の選んだ馬が穴馬なのか人気馬なのかで区分けしています。

選んだ頭数によって使うべき馬券の種類を判定できるようになっています。

穴馬人気説明買うべき馬券の種類
何が来るか分からないレースあえてなら馬連(基本見送り)
高配当チャンス3連複・馬連流し・単勝
多点買いできればチャンス1頭はBと同じ買い方。もう片方は単複。もしくは両方の単複
穴馬が2きた場合の取り逃がしを避けるCと同じ買い方。もしくは馬連・ワイドのBOX買い
人気馬から買えるオッズの組み合わせだけ買える馬連流し。馬単2着受け、穴馬との3連複フォーメーション
2頭軸を基本に3連複2頭軸流し。3連単2頭軸マルチ。単複。人気馬2着固定馬単
穴+人気の2頭軸流しを2本3連複2頭軸流し、馬連、人気馬2着固定馬単、穴馬の単複。
3人気薄同士の決着を取り逃がさない3連複フォーメーション、馬連、人気馬2着固定馬単、穴馬の単複、穴馬ワイドボックス
3連複の買えるオッズのみ。穴馬が上位と予想すれば3連単も3連複2頭軸流し、3連単フォーメーション、人気薄を入れた3連複フォーメーション
穴馬が上位と予想すれば3連単も3連複2頭軸流し、馬連、人気馬2着固定馬単、3連単フォーメーション
人気馬で基本決まりそう(基本見送り)3連複フォーメーション、馬連フォーメーション、人気馬2着固定馬単
3未知の馬が多いので買いにくいが高配当チャンス3連複フォーメーション、馬連フォーメーション、人気馬2着固定馬単
3頭の順番が決められれば買える(基本見送り)3連単フォーメーション、3連複フォーメーション
人気馬で基本決まりそう(基本見送り)3連単1頭軸マルチ、3連単3着固定、3連複フォーメーション、馬連流し
穴馬が上位と予想すれば買える(基本見送り)3連単3着固定、3連複フォーメーション、馬連フォーメーション、人気馬2着固定馬単
3穴馬が上位と予想すれば買える(基本見送り)3連単3着固定、3連複フォーメーション、馬連フォーメーション、人気馬2着固定馬単

自分のスタイルに合った買い方で試してみてくださいね。

今回は以上です。

パチンコや競馬収入だけでは幸せになれない

パチンコがいくらうまくても、競馬でいくら稼いだとしても、世間から見ればニートです。

カラダを壊したらおしまいだし「世の中に何も貢献していない」という想いを背負って生き続けるのもつらいですよ。

だから、わたしはパチンコや競馬で稼いだお金の一部を投資に回すことをオススメしています。

勝負師としての感覚は投資の世界で超有利です。

世間はサラリーマン脳であふれているから、少しお金の勉強をすれば、投資の勝負でも軽く数千万の資産を築けますよ。

なにより「投資家」という肩書きであれば、職業欄に「無職」と書かなくて済みますし、税金を払って生活しているから、世間からも許されるでしょう。

ボクの主戦場である仮想通貨投資の方法は以下のブログで発信していますから、興味のある方は是非コチラの世界にも挑戦してみて下さい。

CryptでFIREできるかな?

↑パチプロが仮想通貨投資をはじめて、資産家になったノウハウを詰め込みました。