レースの選び方

簡単!競馬で稼ぐための勝負レースの絞り方│プロが3ステップで解説

競馬で「勝負レース」を絞り込むのは大変ですよね?

金曜の夜から、もっと競馬好きな人なら、今週の12Rが終わったそのときから「勝負レース」の絞込みが始まります。

勝負レースを絞れない人:「馬柱をながめて、調教を確認して、血統を調べて、展開を予想して、、、もうぜんぜん時間が足りないよ!」

これが過去のボクです。

でもよく考えてみると、これって非効率すぎませんか?

勝負レースさえ見つけてしまえば、あとは「馬券を買うだけ」になります。

現在のボクは、手順をすべて自動化したおかげで競馬以外に使える時間が激増しました。

「勝負レース」絞り方が分からない!

「勝負レース」を絞るのに時間がかかりすぎてツライ、、

など、現状の馬券術にお悩みの方は、是非本記事をお読みください。

簡単!競馬で稼ぐための勝負レースの絞り方│プロが3ステップで解説

競馬で勝ち組になるための勝負レースの絞り方【3ステップで解説】

結論を先に書きますと、ボクは競馬ソフトに課金して自動化しています。

わたしが使っているのは次の2つのツール(有料)です。

競馬ブックWEB:競馬新聞(月3,300円)

スーパートマホーク:競馬ソフト(買いきり198.000円+月800円)

競馬ブックWEB」の月額3,300円は競馬をするなら新聞が必要なのでマストですよね。

ぶっちゃけ、競馬ブックWEBだけでもOKで、初期は競馬ブックだけ利用していました。

競馬ソフトの「スーパートマホーク」を導入しているのは、効率化をするためでして、使用したほうが回収率と時間効率がいいので使っている感じです。

この点は、後半で解説していきます。

馬券の買い方

わたしが毎週末に行っている作業は以下の通り。

※作業時間は1持間ほど。

手順1:競馬ソフト「スーパートマホーク」の奨励馬連から馬番号を書き出す

手順2:「競馬ブックWEB」でどのゾーンにいる馬なのかをチェック

手順3:馬連以外の3連系の買い目を構築(15点程度)

以上です!

とはいえ、意味わからないですよね?

理解するには、思考方法とロジックの説明が必要ですので、このあたりは「プロが教える3連複10万円馬券の買い方│組み合わせは15種類です」の記事で詳しく解説しています。

 

本記事はツールを使う前に実践していた方法を紹介しています

ぶっちゃけツールを使ったほうが楽なのですが、基礎的な部分を理解していないと、ツールを使う効果が半減してしまいます。

競馬ブックWEB:競馬新聞(月3,300円)

スーパートマホーク:競馬ソフト(買いきり198.000円+月800円)

金額は上記の通り、結構なお値段がしますからね。

ボクとしては安いと思う金額も、価値を理解できなければ「高額商品」になってしまいます。

当たり前ですが、人と同じコトをしていたら勝てません

安定して稼いでいる人は「勝負レース」に狙いを定めて馬券を買っています。

どんなレースが勝負レースになるか?については、買っている馬券種や、競馬の取り組み方によって変わってきますが、あなたの勝負レースは「自分のフォームで勝てる可能性が極めて高いレース」になりますね。

勝負レースが選べない人
勝負レースが選べない人
じゃあ、具体的に勝負レースをどうやって見つければいいのよ?

これは、自分なりに見つけていくしかないのですが、自分は次のようなルールを作って、

その日の「勝負レース」を半自動的に決めるようにしています。

ステップ1:開催レースを3分割する

ステップ2:分割ごとに適した馬券(フォーム)を決める

ステップ3:決められたとおりに買う(フォームを破らない)

順番に説明していきましょう。

ステップ1:開催レースを3分割する

競馬は10時前から16時半まで1会場当たり12レース開催されています。

開催会場は2会場だったり3会場だったりしますが、要するに最大で36レースあるわけです。

自分の場合は、1日のレースを以下のように振り分けています。

グループレース
Aグループ1~5R
Bグループ6~10R
Cグループ11R(重賞)
Dグループ11~12R

この中から、もっとも期待値が大きい券種で勝負するのが自分のフォームです。

この「フォーム」というのは、こうしておけば、大体負けないという「型」です。

例えば、野球選手のイチローとか、一流のスポーツ選手も自分の「型」を持っており、その型を維持するために日々繰り返し練習をしていますよね。

野球の場合、出塁率が3割5分でも一流なのですから、この型でやっていれば、大体3割5分出塁できる。競馬なら、年間を通して例えば回収率が○○%確保できる。

こんな型=フォームを作り、守っていく事が大事です。

各グループのレースの特徴

実は、各グループのレースはそれぞれ、グレードで分けています。

各グループの特徴は以下の通りです。

グループレースグレード
Aグループ1~5R未勝利戦+新馬戦+障害競走
Bグループ6~10R条件戦+オープン戦
Cグループ11Rメインレース(重賞)
Dグループ11~12Rオープン戦+条件戦

このように区切るとある程度レースのクラスで分類ができます。

レースのクラスが違うと何が変わるかということは、競馬をやりこんでいかないとわかわないことで、わりと貴重な情報だと思うのですが、以下の点です。

・出走する馬の実力

・馬券を買っている人の層

・競馬関係者(馬主、調教師、騎手など)の思惑

これらはすべて馬券に大きく影響します。

このあたりは初心者には少し難易度が高い話になってしまうかもしれません。

次で説明しますが、わからなければ、他の記事を読み返してくださいね。

ステップ2:グループごとに適した馬券を決める

1日のうちに開催されるレースをグループ分けしたら、次はどこで、どんな馬券術で勝負するか?を決めます。

自分の場合はこうです。

※ちなみに、新馬・障害は買わないことにしています。

グループレースグレード券種
Aグループ1~5R未勝利戦単勝
Bグループ6~10R条件戦買わない
Cグループ11Rメインレース(重賞)単勝+複勝+3連系
Dグループ11~12Rオープン戦+条件戦単勝+複勝

これが「フォーム」になるのですが、初心者には難易度が高いかもしれませんね。

なので、最初のうちは開催されるレースに一通り目を通して

「このレースは勝負できそう」
「このレースはちょっとわからないな~」

といった感じで、勝負できそうなレースとできないレースを取捨選択してみましょう。

勝負レースの参考例【選ぶのは簡単】

参考に、別の記事で勝負レースの例を2~3紹介してます。

イメージがつかみやすくなると思いますので、参考にどうぞ。

繰り返しますが、勝負レースが決まれば、後は買うだけの簡単なお仕事。

競馬で勝つのは簡単ですね。

勝負レースを決める基準

この時、勝負するグループを選ぶ基準は大きく分けて2つあります。

1、得意なレースの種類で決める

2、競馬ができる時間で決める

得意なレースの種類で決める

1日中競馬ができるなら、各グループのグレードで勝負するグループを選べます。

例えば、「パドック」や「馬見」「調教」といった馬券術で予想をしているなら、「新馬戦」を中心に「勝負レース」を絞るコトになるでしょう。

荒れるレースが好きなら、レースが荒れやすい11Rや12Rで勝負すればいいですね。

一番ダメなのが「買えるレースは全部買う!」という競馬です。

趣味で楽しんでいるのならOKですが、お金を稼ぐ目的で競馬をするのであれば、勝負レースは絶対に絞るべき。

てきとーに購入して、簡単に勝てるほど競馬は甘くないですからね。

競馬ができる時間で決める

物理的に競馬ができる時間が限られている場合は競馬ができる時間のレースで勝負しましょう。

よく、前日に馬券を購入したり、午前中にメインレースを購入してパチンコにいいってしまう人がいますが、(過去のボクですが)大きなお金を賭けることはできないですよね。

メインレースにかけたい気持ちは分かりますが、その時間に競馬ができないなら、すっぱりと諦めて、競馬をしないか、できる時間のレースで「勝負レース」を絞り込むようにしましょう。

もちろん、メインレースがしたいからといって、家族や友人、恋人との時間を断るのはNGですよ。

競馬でお金を稼ぐのも大切ですが、それ以上に大事なことがあります。

競馬だけの人生なんてつまらないですからね。

かくいう自身も、かつて競馬依存に陥った事があります。

  • 土日に予定が入ると落ち着かない
  • 大事な人との時間にも隠れて競馬をしてしまう
  • 地方競馬の新聞が手に入らなくてコンビニをはしごして回る

こんな経験から、無理して競馬をして、いいことはひとつもありませんでしたよ。

じつは、競馬に勝とうと思ったら、レースを絞ったほうが良い結果が出やすいので、競馬に取り組める時間帯からグループを選びましょう。

ステップ3:決められたとおりに買う(フォームを破らない)

もし、あなたが競馬を始めたばかりなら「レースをグループ化する意味」が分からないかもしれませんね。

最大の理由は、「勝てない勝負をしないようにするため」です。

競馬で予想をしていると、ついつい賭けたくなる場面が出てきますよね。

特にネットでいくらでも賭けられる現代は、気がつくと「とんでもないムダ馬券」を購入していることさえ、頻繁に起こります。

そんなむだな投資をしないために、レースを分けて

・出走する馬の実力

・馬券を買っている人の層

・競馬関係者(馬主、調教師、騎手など)の思惑

上記のことを考えたときに、最も自分が勝てる可能性の高い馬券で、自動的に勝負できるようにフォームを決めているんですね。

フォームなしで勝負すると、期待値の低い買い方で資金を減らす事になってしまいます。

競馬初心者にもできること

自分のフォームをつくるのには、それなりの勉強と経験値が必要ですが、とはいえ初心者の方にも簡単にできる事があります。

それは、「勝負したらいけないレース」を見つけることです。

例えば、「能力が抜けている馬の単勝が2倍以上なら勝負する」

というフォームで馬券を買う場合、単勝オッズが2倍以下のレースは

「買ってはいけないレース」になりますね。

不思議なようですが、じつは見送る(見する)レースが増えるほど、ムダな損失を減らすことができるだけではなく、馬券の成績も爆上がりします。

なぜなら、見したレースの結果を見ることで、その日の馬場の様子を判断したり「予想のズレ」を修正する事ができるからです。

結果として「勝負レース」での予想の精度が上がって、思わぬ高配当を手にすることができますよ。

この流れがうまくはまると、一日中「買うレースは的中」「見したレースははずれ」という状態になる事があり、そうなると、その日の勝ち額はどこまでも突き抜けていきます。

初心者の方には、ぜひこの状態を体験して欲しいですね。

勝負レースで的中したときの行動【その人による】

集中して分析していけば馬券が的中しやすくなり、勝つ事ができるでしょう。

そこで、次にどうすればいいのか?という疑問が残りますよね。

自分の結論としては、「人による」ですね。

たとえば午前中で的中したら、まだ午後のレースとメインレースが残っていますよね。

勝負レースがメインレースだったとしても、さらに最終レースがのこっています。

ここで「勝負レースに勝ったからもうおしまい」と考えるか「どうせだったらもっと増やそう」と考えるかは、その人の思考によるからですね

自分の場合は、1日を通して勝負するという勝負の型が決まっているので、勝っても続行になります。

いっぽう、欲が出て予想が甘くなり、いつも負けてしまうなら「勝った時点でその日はやめる」という型で勝負するのことも、その人のフォームになります。

経験上ですが、初心者のうちは欲を出して追いかけるよりも、不的中になるリスクをつぶして「負けないこと」大事っだったりします。

初心者のうちは、的中したらそこで終わるフォームにしておいたほうが、年間の収支はプラスになりやすいので、参考に頭においておいてください。

まとめ

「勝負レース」を絞り込むルールを見つけてしまえば、勝負レースを絞り込む膨大な労力と時間、そして不用意に馬券を買って失うお金をなくすことができます。

自分なりのフォームを作るためには、それなりの研究と、馬券に対する取り組み方を確立していかなければなりません。

今回の記事が競馬でなかなかお金が増えないと嘆いている方の参考になればうれしいです。

ちなみにわたしも最初は、人気の予想家の思考をマネしたり、指数系のシステムを使って自分なりの指数を出したりと試行錯誤していました。

使っていたサイトや書籍の数は百を超えると思います。

そんな背景のわたしが、最後にオススメを紹介してこの記事は終わりです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの情報ツール

わたしは「競馬ブックWEB」と「スーパートマホーク」の2つのツールに課金していますが、自分が使いやすい媒体を使えばokです。

大事なことはラクしてパターンをつかむことです。

なので、長く同じ媒体を使うことをオススメしておきます。

※競馬ブックを使いたい方>競馬ブックWEB

※競馬エイトを使いたい方>Deep

※コンピ指数を使いたい方>極ウマ・プレミアム

※予想家を参考にしたい方>競馬総本舗ミリオン

※独自ソフトを使いたい方>競馬最強の法則WEB

地方競馬はキャッシュバックがあるサイトから投票したほうがお得です。

少しでも回収率にはシビアになりたいですから必ず登録しておきましょう。

以下の2つがお得です。

楽天競馬│最大10%還元。。競馬場ごとのポイント還元サービスもありお得

オッズパーク競馬│最大10%還元。196万円の賞金サービスもありお得

 

パチンコや競馬収入だけでは幸せになれない

パチンコがいくらうまくても、競馬でいくら稼いだとしても、世間から見ればニートです。

カラダを壊したらおしまいだし「世の中に何も貢献していない」という想いを背負って生き続けるのもつらいですよ。

だから、わたしはパチンコや競馬で稼いだお金の一部を投資に回すことをオススメしています。

勝負師としての感覚は投資の世界で超有利です。

世間はサラリーマン脳であふれているから、少しお金の勉強をすれば、投資の勝負でも軽く数千万の資産を築けますよ。

なにより「投資家」という肩書きであれば、職業欄に「無職」と書かなくて済みますし、税金を払って生活しているから、世間からも許されるでしょう。

ボクの主戦場である仮想通貨投資の方法は以下のブログで発信していますから、興味のある方は是非コチラの世界にも挑戦してみて下さい。

CryptでFIREできるかな?

↑パチプロが仮想通貨投資をはじめて、資産家になったノウハウを詰め込みました。