種銭の作り方

【簡単】自動車保険料を半額以下にする手順│年間2~5万円得します

車を購入したときから、ディーラーや知人の紹介で契約した○○海上といった「店舗型の保険」を何も考えずに自動更新している人が、実は多いのではないでしょうか?

たしかに、ディーラーや知人との付き合いもありますし、代理店が全部やってくれるのは楽チンですからね。

Nimu
Nimu
ボクも、自動更新を30年も繰り返していました……

・購入したお店で自動車保険も契約した

・自動車保険はずっと自動更新している

・保険の条件は見直したけど保険会社の見直しはしたことがない

上記の方は、ネット保険で比較すると保険料が半額以下になる可能性が高いです。

今と同じ保証条件で見直しできるから、自動車保険の見直しはネット保険が便利ですよ。

保険初心者のボクでも、簡単な入力をするだけで自動車保険を半額以下にできました。

年に2~5万円のお金があれば、貯金もできるし豪華食事や旅行もできますよね。

年に一回「有馬で全額勝負!」ってのも面白い。

もし新車契約時から同じ自動車保険に入り続けているとしたら、あなたは損をしているから、この機会にサクッと固定費を減らしておきましょう。

無料:自動車保険一括見積りはコチラから

【簡単】自動車保険料を半額以下にする手順│一括見積もりの始め方

【簡単】自動車保険料を半額以下にする手順│年間2~5万円得します

自動車保険の『固定費』を半額以下にする方法はCMなどでもよく目にするネット保険』です。

ネット保険』は「ダイレクト型」「通販型」とも呼ばれています。

『ネット保険』が安い理由

ネット保険が安く提供できる理由は2つあります。

・店舗維持費や人件費がかからない

・個人の特徴に合わせて必要な補償だけを選べる

ネットなら本当に必要な補償を吟味しながらじっくり選べるし、自宅で好きな時間にできることも大きなメリットです。

『ネット保険』のデメリットは?

ネット保険というと不安に思うかもですが、実際にはデメリットはありません。

加入方法が「ネット」なだけで、店舗型と補償内容に違いが無いからです。

事故サポートや補償内容が劣っていれば、安くても意味が無いですが、その点は安心できます。

無料:自動車保険一括見積りはコチラから

一括比較サイトを使って最安値を見つける

 

無料の自動車保険一括見積りは自動車保険に加入している人なら簡単な入力で比較検討ができます。

自動車保険一括見積もりサービスを初めて利用した方は、平均3万円保険料が安くなっています。中には5万円以上安くなった人も!?

利用された方への2018年アンケート結果より

一括見積もりサイトのメリット

一括見積もりを利用するメリットは以下のとおり。

・1度の入力で効率的に複数社の見積もりが取れる

・自分に合った補償内容と保険料がわかる

・ネットならではの特約があり、保険料が割引される

Nimu
Nimu
シンプルで使いやすいし便利!

一括見積もりサイトを選ぶ際の注意点

自動車保険の一括見積もりは、調べるとたくさんあります。

比較サイトを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

・多くの保険会社が参加している

・信頼できる企業が運営している

・比較サイトが長期間運営されている

・見やすい画面で時間をかけずに比較できる

Nimu
Nimu
多くの有名企業が参加してるほうが、安心ですよね!

一括見積もりサイトを利用する際の注意点

では、実際に比較サイトを利用する際の注意点です。

・入力の間違いに注意する

・対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身傷害補償の基本3点は必ずつける

Nimu
Nimu
ネット保険にかかわらず、自動車保険の基本項目ですね。

では、次に手順をさくっと説明しますね。

無料:自動車保険一括見積りはコチラから

保険の窓口インズウェブで、自動車保険を半額以下にした手順

ここからはボクが実施に利用した無料一括見積もりサービスを使って手順を説明します。

最初に準備するもの:加入している保険の保険証書と愛車の走行距離

上記が手元にある方は、以下のサイトにアクセスしましょう。

無料:自動車保険一括見積りはコチラから

手順1:メニューから自動車保険一括見積もりを選ぶ

まずは車のマークを選択します。

インズウェブ

手順2:保険証書を見ながら入力

自動車保険を選ぶと以下の画面になります。

保険証書を見ながら入力するだけでokです。

自動車保険1

手順3:車の使用状況を入力します

自動車保険2

手順4:車の情報を入力します

保険証(or車検証)を準備しておくとスムーズに入力できます。

自動車保険3

手順5:現在の保険の情報を入力します

自動車保険4

手順6:本人情報を入力します

自動車保険5

手順7:保険の補償内容を入力します

追加希望がなければ、前の保険の内容と同じでOKです。

自動車保険6

手順8:保険の特約内容を入力します

自動車保険7

手順9:「見積もりをGET」ボタンを押して終了

自動車保険8

手順10:見積もりを比較する

平均で5~6社の見積もり内容が表示されます。

気になる会社を2社ぐらい絞込み、自分にあった保険を比較していきましょう。

ボクの条件では以下の内容が最安値でした。

自動車保険11

今の保険代金が3年契約で年額38,000円でしたので、年額23,000円の節約に!

Nimu
Nimu
3年で約70,000円も安くなりました!

たったこれだけの手順で年23,000円も安くなりますから、やらない人はそれだけで損をしてるイメージです。 

無料:自動車保険一括見積りはコチラから

まとめ

借金返済を楽にする方法【固定費節約:自動車保険まとめ】

今回のまとめ

・自動車保険はネット保険で2~5万円もお得

・ネット保険なら簡単に最適な保険が見つかる

・ネット保険のデメリットはないので、やらないと損

・無料で出来るので、比較だけでもしておくべき

サラリーマンが生活を豊かにするために、食費や遊びをがまんし続けるのには限界がありますよね。

今より生活を豊かにしたければ『固定費』の節約が一番効果的です。

なぜなら無理なく続けられるから。

固定費とは何もしなくても出ていくお金のこと。例えば以下のとおり。

・家賃

・保険(生命保険・医療保険・火災保険・ペット保険・自動車保険

・通信費(スマホ・ネット回線)

・電気・ガス・水道料金

自動車保険だけでも、簡単な入力をするだけで、2~5万円も安くできる可能性があるのに、やらないなんて損ですよね。

なお、自動車保険以外の固定費も一回作業すれば毎月節約できるものばかりです。

やる人とやらない人では、徐々に大きな差になっていきますから、気になった方はすぐに実行してみてください。

僕も固定費を見直したら年間30万円の固定費を削減できました。

これまで15年「めんどくさい」をそのままにしていたせいで「450万円も」無駄なお金を払い続けていましたよね……

固定費を節約するアイテムは以下の表のとおりです。

項目 固定費の節約・見直しアイテム
通信費楽天モバイル
NURO 光
保険保険の窓口インズウェブ

無料の自動車保険一括見積もりサービス

電気・ガス電気料金プランを比較して電気代を今よりお安く!【電気チョイス】

【楽天エナジー】

WEBからの指定の条件でお申込みで最大30000円キャッシュバック!【ガスチョイス】

金利の減額法テラスHPで相談

なお、上記で毎月30万円を節約できたとして、投資で5%で運用すると約665万円になります。450万円のマイナスと665万円のプラスでは1,000万円の差が生まれます。

上記を「知っているか?」と「知って行動できるか?」の2点で、お金って差が生まれてしまうものです。

この機会にサクッと固定費を見直しして、お小遣いを増やして貯金もして、生活を豊かにしていきましょう ≫無料:自動車保険一括見積りはコチラから

では本記事は以上です。